11拠点の在庫情報がシームレスに
小売店が実現させた在庫効率化!

2020・12・17

店舗・倉庫はどれも100坪以上

 

抱えていた課題
既存システムの処理速度、操作性の悪さでスタッフに高負荷。
リアルタイムな在庫管理処理ができないことで、ミスが発生し、棚卸負荷が上がるという悪循環。
 
ZAICO選定理由
・手持ちのスマホですぐに導入できるため。
・画像の綺麗さ。処理速度の速さ。
 
導入・活用効果
・システム処理の速さと操作性の良さで作業スピードは10倍に効率化。
・在庫数にも狂いがなくなり棚卸頻度も50%削減。
・鮮明な画像と情報登録により、拠点間でのコミュニケーションが素早く正確に。

在庫管理基本情報
・会社名:株式会社ライフスタイルギャラリー
・業種:リユース品販売・リース
・管理している物品:家具・家電
・管理している品目数:23,000品目
・ZAICO導入前の在庫管理方法:自社開発システム
・利用開始:2020年2月
・利用頻度:毎日
・利用人数:25名
・バーコード・QRコード利用:あり
    自社発行のQRコードをZAICOで読み取り
・便利な機能:カスタムスキャン項目追加詳細検索QRコードクラウドデータ分析

岡山で6店舗のリユースショップと、5つの倉庫(2020年1月時点)を持つライフスタイルギャラリー。
2009年にトラック一台から始まったこの商売が急成長する中、導入したシステムでは日々の在庫管理が十分にできず、スタッフの負荷も上がり、結果的にまた棚卸で高負荷がかかるという悪循環が発生していたとのこと。
「他拠点に渡り目まぐるしく日々動く大量の商品情報をリアルタイムに把握したい」そんな在庫管理を実現させるために選んだのが、スタッフ全員が持つスマホで始められるZAICOでした。

 

独自開発したシステムが使いにくい…
クラウド在庫管理のZAICOだから実現できたこととは!?

2016年頃に外注で、自社の独自在庫管理システムを外注で作りました。

システム開発のためのヒヤリングにも膨大な時間をかけて作り込んだのですが、端末も別途必要な上に、結果として思ったような使い勝手にはならず、スタッフにとって煩わしい存在になっていました。

結局リアルタイムでの情報更新を諦めたので、当然ですが漏れやミスが発生して本来の目的である「正しく在庫を把握する」ことはできていませんでした。

また、後から出てきた要望なども、追加で開発費用が発生することを考えると、なかなか追加開発に踏み出せないなど、問題を抱えていました。

ZAICOはスタッフが普段使い慣れているスマホで使えるので、スタッフの負荷が一番少ないというのが大きな決め手でした。
スタッフはただでさえ店舗運営で忙しいので、在庫管理を負担にさせたくなかったのです。

商品のQRコードをスキャンするスタッフ

スキャンだけで在庫データを見つけられる

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ZAICOを導入して、登録作業は10倍のスピードでできるようになりました。

仕入・入荷時は都度スマホから在庫情報をプラスに更新、販売済みの商品はQRコードを取っておいて、
ZAICOのカスタムスキャン機能を使ってマイナス処理とステータス変更を営業終了時に一気に行います。

簡単で速くてどこでも使えるのでスタッフが率先して使ってくれるようになり、在庫管理が徹底できるようになったのありがたいです。

何よりもZAICOはどんどん新しい機能が追加されたり、機能改善がされていくので、定額のままでサービスがバージョンアップされるので嬉しいですね。

お困りごと ZAICOで改善!
端末 専用端末の購入費用が必要 手持ちのスマホでできる
不慣れ 慣れている
画像 荒くて不鮮明 綺麗
読み込みが重い サクサク動いてストレスフリー
操作性 1つの商品登録に10分… 1つの商品登録1分以下!
処理が遅くリアルタイム更新を諦める 簡単&速いので登録を徹底できる
業務的な画面で単調 直感的で楽しく使える
専用ネット回線がないと操作できない 4Gやwifiなどでどこでも操作できる
だれが操作したかわからない 履歴で登録者と更新者・内容を確認
検索できない 商品名など好きなワードで検索可能
機能 追加開発にコストが必要 新機能追加や機能改善される!
必要な機能が搭載されていない シンプル・柔軟で自由設計

 

ZAICOコメント
ZAICOは毎月定額料金のまま、日々新機能や機能改善を行っています。
2020年8月は35件、9月は40件の改善がリリースされています。
これらは皆様のご要望などの声を元に進めております。

ZAICOは在庫管理のためのツールだけではない!
複数拠点における商品情報のやり取りが一気にスムーズに。

弊社ではZAICOに3つの意味合いを持たせています。

1つ目は正確な在庫数を管理するツールとして。
ZAICOの簡単で速くて、シンプルな操作性によって、漏れなく在庫情報をリアルタイムに更新できているので、在庫管理は徹底されました。

2つ目は商品データを共有するコミュニケーションツールとして。
柔軟な項目設定と鮮明な画像で、ZAICO上だけで商品詳細が把握でき、店舗や拠点をまたいだスタッフ同志でも商品を的確に特定できます。
お客様に「青いソファーありますか」と聞かれると、ZAICOで「青 ソファー」と検索した画面をお客様にお見せしたりします。

自分の店舗に無ければ、登録されている対象店舗にZAICOの商品ページを共有してリアルタイムに在庫状況を確かめられます。
写真があるので、お客様・スタッフいずれも共通認識を持ってコミュニケーションが取れ、接客の質も上がりました。

 
 

物品の詳細画面には更新履歴が記録される

3つ目は教育ツールとして。
中古品の販売にはバイヤー、クリーンアップ担当、販売者、店長、など各観点での値付けが存在します。

複数の観点が擦り合わさった「販売額」を設定するため、「販売価格」という独自項目を用意し、各工程で金額修正してきます。

各スタッフの意図が履歴で残るので、ベストな販売額の共通認識をZAICOだけで、確認できます。
スタッフ同士の価値観の擦り合わせができ、教育にもなるのです。
当社にとって重要なZAICOの使い方の一つです。

ZAICOコメント
ZAICOは複数人、複数拠点での利用にも力を発揮します!
履歴機能を使えば、コミュニケーションツールや教育ツールなど
在庫管理の枠を超えた使い方が実現します。
「検索しやすく」「履歴を追いやすく」など自由に設計してください!

棚卸を最適化!
頻度50%・工数92%減 & 売上分析も一発簡単!

ZAICO導入前は棚卸もとても大変でした。
店舗と倉庫合わせた11拠点の商品を全て数えるのですが、各拠点100坪以上の大きさがある上に、大型家具から小物まで種類も様々な商品が何万点とありますから。

そもそも日々の在庫数が正しく把握できていないので、頻繁に棚卸をすることで在庫数の正確性をカバーしていました。

2ヶ月に一度、10人ほどが1週間くらいかけて実地棚卸をしていましたね。
それが年6回ですから、換算すると棚卸に420人分の時間を棚卸に使っていました。

店内には大小様々な商品がたくさん並んでいます。棚卸しのたびに全品数えるのは大変そう…

 今では、ZAICOで在庫数が正確に把握できるので、全ての商品を数えるような棚卸はしません。
4ヶ月に1度、ZAICOデータから前期の差分を現場で簡単にチェックするくらいです。
時間にすると各拠点1日1人で十分に終わるでしょうか。

棚卸頻度は年6回から3回に、棚卸工数は年間420人分から年間33人分にいずれも大幅に削減できました。

現場は棚卸の負担が大きく減りましたが、管理者の棚卸作業も大きく効率化されました。
管理者はZAICOのデータをダウンロードして、在庫金額や、原価率、利益率、粗利率、策年対比などの分析が一発できるようになったのです。

ZAICOがあれば、日々の在庫管理も、売上分析もどちらも簡単です。
現場はスマホ、管理はPC、と使い分けることで、必要な機能だけを必要な人がシンプルに使え、在庫管理・売上管理が楽になったのは大きな変化でした。

ZAICOコメント
ライフスタイルギャラリーさんはZAICOの
基本機能も上手に応用してくださっていました!
「数量」項目は一覧で集計されるので、そこに数量ではなく金額を入れ
一覧上で簡単に金額をチェックできるようにしてましたよ!