有料会員であれば在庫データを変更した際に、「誰が」「いつ」「どのぐらい」在庫データを変更したかが自動的に変更履歴として記録されます。複数人で在庫管理をする場合は、ユーザーを追加して運用すれば「誰が」在庫データを変更したか後から確認できますので、より確実な管理が可能になります。

変更履歴は在庫データごとに記録され、Webアプリ、iPhoneアプリ、Androidアプリいずれからも確認できます。

この機能はスタンダードプラン以上の有料プランを契約するとお使いいただけるようになります。

在庫データの変更履歴

 

 

 

 


 

各在庫データごとの変更履歴をダウンロードする

各在庫データの変更履歴をCSVファイルでダウンロードすることが可能です。Webアプリの在庫データ詳細画面から「この在庫データの変更履歴を全て見る」リンクをクリックしてください。そうするとその在庫データの変更履歴一覧画面に移動しますので、その画面にある「CSVファイルダウンロード」をクリックするとその在庫データの変更履歴をダウンロードできます。

 


 

how_to_down_load_entire_inventory_histories

全ての在庫データの変更履歴をダウンロードする

各在庫データの変更履歴ではなく、すべての在庫データの変更履歴をまとめてダウンロードしたい場合は、メニューの「在庫情報」→「変更履歴一覧」から変更履歴一覧画面に移動すれば、すべての在庫データの変更履歴一覧画面が表示しますので、そこの「CSVファイルダウンロード」のボタンを押すと全ての在庫データの変更履歴をダウンロードできます。


 

 

在庫データの内容を含めて変更履歴をダウンロードする


「詳細設定」をクリックして表示される「在庫データの内容も含める」にチェックを入れてCSVファイルダウンロードをクリックすると保管場所やカテゴリなどの他の在庫データの値もダウンロードできます。追加項目もダウンロードできます。

 


 

history_delete_qt_rollback

変更履歴を削除した際に数量を戻す

誤って数量を操作してしまったなど数量を操作する前に戻したい場合、変更履歴を削除することで元に戻せます。

削除したい変更履歴の右側にある赤い削除ボタンを押します。

 

削除ボタンを押すと画像のようなダイアログが出て、「戻さずに削除」「戻して削除」が選択できますので、数量を元に戻す場合は「戻して削除」を選択してください。


history_mobile

スマホで変更履歴を確認・変更する

iPhone

在庫詳細画面から「在庫データの変更履歴はこちら」をタップしてください。

変更履歴が表示されます。変更したい変更履歴をタップしてください。

変更履歴の詳細が表示されます。メモを更新したい場合はメモ欄に入力し、「メモを更新する」ボタンをタップしてください。履歴を削除したい場合は削除ボタンをタップしてください。

 

Android

在庫詳細画面から、右上の「変更履歴」をタップしてください

 

変更履歴が表示されるので、編集したい変更履歴を選択してください

 

変更履歴の詳細が表示されます。メモを更新したい場合はメモ欄に入力し、「変更を保存」ボタンをタップしてください。履歴を削除したい場合は削除ボタンをタップしてください。


 
 

在庫を削除する際に変更履歴を削除しない

通常は在庫を削除するとその在庫の変更履歴も同時に削除されますが、設定を変更することで在庫データを削除しても変更履歴を残すことができます。

Web版スマート在庫管理のメニューから 設定>利用機能設定 を開いてください。
「在庫を削除する際に変更履歴を削除しない」の「利用する」にチェックを入れて「更新」ボタンをクリックしてください。


 

変更履歴の制約

  • 変更履歴は1つの在庫データあたり3,000件まで記録されます。3,000件より前の履歴は見れなくなります。
  • iPhoneアプリとAndroidアプリからは直近50件までの変更履歴しか見れません。それ以上の変更履歴を見たい場合はWebアプリからご覧ください。

 

注意事項

無料プランやエントリープランご利用時の変更履歴はデータ保存されず、その後スタンダートプラン以上に変更した場合でも閲覧出来ませんので注意くださいなお、スタンダードプラン以上ご利用時の変更履歴は、その後、どのプランに変更されても、スタンダートプラン以上に設定され直した段階で、過去のスタンダートプラン以上ご利用時の変更履歴を閲覧することが可能になります。