この機能を使うと在庫データに独自の項目を追加・編集・削除することができます。追加された項目はWebアプリ上だけでなく、iPhoneアプリやAndroidアプリにも反映されます。

 

項目を追加する

Webアプリ版スマート在庫管理にログインし、メニューの「データ管理」の中にある「追加項目」を押してください。
twics_web_where_is_original_terms

 

項目設定画面が表示されるので、画面上部にある「新しい項目を追加」リンクを押してください。

twics_web_original_term_add_button

 

 

新しい項目を入力するための画面が表示されますので、項目名、項目タイプ、そして並び順を入力し、登録ボタンを押してください。

tx_web_new_original_term

項目タイプについては後述の項目タイプの種類をご覧ください。

並び順は項目が複数ある場合に、その並び順を指定する数値です。数値が小さいほど最初に(上に)表示されます。

 

項目の新規作成が完了すると、項目一覧 に先ほど入力した項目の情報が表示されます。

tx_web_index_original_termas

 

追加した項目が反映されているか確認してみましょう。メニューから「在庫管理」の中にある「新しい在庫データを追加」を押し、在庫データ入力画面を開きます。「写真」の下に追加した項目が表示されていることがわかります。

tx_web_shown_original_term_on_inventory_new

 

項目を変更する

項目一覧中の鉛筆ボタンを押すと、項目の編集画面が表示されますので、変更内容を入録後、更新ボタンを押すと変更内容が反映されます。

tx_web_edit_button_on_index_original_terms

 

項目を削除する

項目一覧の画面を開きます。左図に示されている項目一覧中の削除ボタンを押すと、確認メッセージが表示されますので、確認に対して「はい」を選択するとその項目が削除されます。

tx_web_delete_button_on_index_original_terms

 

項目タイプの種類

項目タイプ説明
 文字文字データを入力できる項目です。改行ができません。管理者、出庫予定日など短い情報を入力するのに適しています。
複数行文字複数行の文字データを入力できる項目です。改行ができます。メモや備考など長めの文章を入力するのに適しています。