スマート在庫管理には現在(2017/01/10時点)では在庫金額を集計・計算する機能はありませんが、今後のアプリのバージョンアップで機能追加される予定です。この機能追加までの間に利用できる代替手段をこのページでご紹介いたします。

 

在庫金額の集計方法の概要

以下の手順で在庫金額を計算することができます。

  1. 追加項目機能で「仕入単価」を追加する
  2. 在庫データごとに仕入単価を設定する
  3. 在庫データをパソコンにダウンロードする
  4. ダウンロードした在庫データから在庫金額を表計算ソフトで計算する

 

手順1 追加項目機能で「仕入単価」を追加する

tx_web_calc_stock_value01項目追加機能を使って左図のように「仕入単価」という項目を追加します。

項目追加機能の詳細はこちらをご覧ください。


 

 

手順2 在庫データごとに仕入単価を設定する

tx_web_calc_stock_value02左図のように、集計対象とする各在庫データの仕入単価を設定していきます。

 


 

 

手順3 在庫データをパソコンにダウンロードする

エクスポート機能を使って、在庫データをCSVファイルとしてパソコンにダウンロードします。エクスポート機能の詳細はこちらをご覧ください。

 

 

手順4 ダウンロードした在庫データから在庫金額を表計算ソフトで計算する

在庫データのCSVファイルをダウンロードしたら、そのファイルをExcelやNumbersといった表計算ソフトで開きます。(下図はMacのNumbersで開いた例)

tx_web_calc_stock_value03

上図のように、右端に「集計」といった列を新たに追加し、そこに「= 数量 x 仕入単価」の計算式を入力します。「数量 x 仕入単価」の値を合計したものが在庫金額になります。(※仕入単価が最新のもでかつ最終仕入原価法を採用している場合)