Excelから追加項目の値も更新する方法

本記事はWindows版Excelでのみ動作確認を行っております。macOS版Excelでは動作しませんのでご留意ください。

こんにちは!ZAICO開発チームです。

最近、ZAICO APIの利用が増えてきてとても嬉しく思っています。そんな中で問い合わせも増えてきたのでこのブログで解説したいと思います。よくいただくお問い合わせの一つに、「エクセルのマクロからどのように在庫データの追加項目を更新するか」があります。

確かにこちらは一筋縄ではいきません。追加項目はAPIドキュメントにもあるように、JSONの配列で送る必要があります。そのためこちらのサンプルのVBAのコードを修正する場合はマクロの標準モジュール内にあるZaicoVbaSampleモジュールのOnPostNewInventoryButtonPushed関数を以下のようにします:

Excel VBAの修正

 

ポイントはJSONの配列を表現するために、OptionalAttributesというコレクションにnameとvalueというキーバリュー(Dictionary)を追加していって、最後に在庫データ本体にoptional_attributesというキー名で設定して送信するところです。サンプルにある「型式」以外にも追加項目をセットしたい場合は、NameValueを新たに作ってOptionalAttributesにAddしていくことになります。

また、上記のサンプルコードはこちらからダウンロードできます。

 

その他ご要望やご不明な点あれば遠慮なくこちらからお問い合わせください!(※お問い合わせ内容によっては対応できない場合もございますので予めご了承ください)