在庫回転率とは?把握する目的や計算方法・上げる方法を解説

SEOブログ用

在庫管理を徹底する事は売上を伸ばすための重要な業務の1つですが、「在庫回転率」を正確に把握して運用していますか。

  • 過剰在庫や在庫不足といった問題を抱えている
  • どう商品の流れを把握したらいいのか分からない

といった企業のご担当者様も多いのではないでしょうか。そんなお悩みには健全な経営をするために把握するべき指標の1つである「在庫回転率」を活用する方法が有効です。今回は在庫回転率とは何か知りたい方へ、計算方法や在庫回転率を上げる方法などを詳しく解説します。

在庫回転率とは?

在庫回転率とは、抱えている在庫が一定期間中にどのようなペースで入れ替わっているのかを数値化した指標のことです。例えば「在庫回転率が1年で5」というのは1年の間に在庫が5回入れ替わっていることを指します。

数値が高いほど在庫の回転率がよく、短期間で在庫が出入りしている事を示します。逆に低い場合は、在庫が売上に変わるまでに時間がかかる事を意味します。基本的に在庫回転率は高ければ高いほど良い指標といえますが、数値が高すぎる場合は、在庫切れの状態を生み出す可能性があります。また、商品の品種や業種によって在庫回転率の目安は異なります。

在庫回転率は、「商品回転率」とも言われますが同じ意味です。

在庫回転率を把握する必要性

では、なぜ在庫回転率を把握する必要があるのでしょうか?詳しく解説していきます。

売れ筋の商品が分かる

在庫回転率の高い商品は「購入頻度高い=売れている商品」と言い換えることができます。そのため、商品ごとの在庫回転率がわかれば、売れ筋の商品が何なのか把握する事が可能です。また一定期間で在庫回転率を把握しておくと、年間を通じて需要が高まる時期、落ち込む時期などが細かくわかり、年間の売上推移の把握と在庫確保の予測が可能となります。

つまり、年間を通じての過剰在庫や在庫不足を生み出さないための最小限の在庫数を示す適正在庫を求めることが可能になるのです。その結果無駄なコストの発生を防ぎつつ、利益の最大化を目指すことに繋がるでしょう。

経営の健全性を確認する

上記で述べている様に、在庫回転率は対象の商品がどれくらい売れているのかを示します。企業規模を問わず健全な経営をしている企業は在庫が効率よくお金に変わっているため、在庫回転率が良い傾向にあります。同じ売上でも業績が悪くなってくると在庫回転率が低下し在庫金額が膨らんでしまうことが一般的であるため、在庫回転率をしっかり把握することが経営状態の健全性の確認をすることに繋がっています。

在庫回転率の計算方法

在庫回転率の計算方法は、「金額基準」と「個数基準」があります。2つの方法をご紹介しますが、個数基準を用いて在庫回転率を求める方がより実務的であるといわれています。

金額を基準にした計算方法

▼計算方法
在庫回転率=該当期間の売上原価÷該当期間の平均在庫金額で求められます。

▼売上原価とは
売上原価=(該当期間の期首の商品棚卸高+商品の仕入れ高)ー該当期間の期末商品の棚卸高

商品棚卸高とは、該当期間の在庫の売れ残りであり、翌期へ繰越す商品のことを示します。売上原価は出庫金額や売上金額ともいわれます。

▼平均在庫金額とは
平均在庫金額=(該当期間の期首の棚卸高+該当期間の期末の棚卸高)×1/2

平均在庫金額は該当期間の期首と期末の在庫金額の平均で求めることができます。棚卸資産や平均商品在庫高ともいわれます。

なお、金額基準を使用して算出する場合、必ず原価の数値を用いて計算する必要があります。売上高の計算してしまうと利益分だけ在庫回転率が良くなってしまい、正確に把握できません。売上原価は仕入れ値と覚えてください。

また、一般的に金額基準よりも個数基準の方が実務的だといわれています。なぜなら、金額基準は一定期間内で仕入値が変わることがある・棚卸高は商品の原価以外の要素も含まれてしまうといった理由で正確な数値を求めるのは難しいからです。金額基準は決算書や在庫金額を決定する時など経営的な観点で在庫回転率を計算する時に使用する方がいいでしょう。

現場における在庫管理の改善を目指す上では、個数基準で計算した在庫回転率を目安にするほうが役に立ちます。では次に、その個数基準について説明します。

個数を基準にした計算方法

▼計算方法
在庫回転率=該当期間の総出庫数÷該当期間の平均在庫数

▼総出庫数とは
総出庫数=該当期間における日々の出庫数量の合計

▼平均在庫とは
平均在庫数=(該当期間の期首の在庫+該当期間の期末の在庫数)×1/2

個数基準を用いて在庫回転率を算出する場合は、数量以外の要素に左右されることなく単に数で比較でき、具体的なイメージが湧きやすいといえるでしょう。
たとえば1年間に倉庫から出庫した個数が2000個で、期首の在庫の個数が160個、期末の在庫が40個なら平均在庫数は100個なので、在庫回転率は「20」となります。

在庫回転率を上げる方法

では、在庫回転率を上げるにはどうすればよいのでしょうか?4つの方法(コツ)を4つご紹介します。

在庫回転率を定期的に分析する

在庫回転率は、1週間単位・1ヶ月単位で定期的に算出して分析することが大切です。細目にチェックしておけば、わずかな変化にも気が付く事が可能です。また1回の数値ではなく在庫回転率の変化をある一定期間把握することで、在庫回転率の悪い在庫の発見だけでなく、シーズンによる指標の特徴を掴むことができます。その結果、在庫状況における課題がシーズンを通して明確になり、改善に向けた取り組みもシーズンを通して可能になるでしょう。

目標設定をする

在庫回転率は高くしすぎると在庫不足(欠品)の状態を作ってしまい、低いと余剰在庫がある状態になってしまいます。そのため、適正な目標数値を明確に常に設定することが大切です。また、目標値を明確にすると担当者はもちろんのこと、会社全体で目標値に向かって動きやすくなります。会社全体で目標数値を認識して行動すれば、在庫回転率改善がスピーディーに行えるでしょう。なお、目標の値については、同ジャンル商品を扱うの企業の在庫回転率を参考に決定することをおすすめします。

在庫整理をする

在庫回転率をしっかり把握したうえで、在庫の整理を行うことも重要です。事業が大きくなればなるほど、整理ができなくなります。どこに何があるかも分からない状態…と頭を抱える担当者の方も多いはず。余計な在庫を長期間抱えてしまうと、在庫回転率は悪くなることはもちろん、長期間在庫を保管することで在庫自体が劣化してしまい、結果不良在庫となり破棄することになってしまいます。

  • どこに、何が、何個あるのかを整理し見える化する
  • 不良在庫を整理し整理のルールを構築する

など在庫全体の体制が整う(いつでも販売できる状態の在庫のみを保有する)ことで、在庫回転率を高めることに繋がるのです。

リードタイムとのバランスを考える

リードタイムとは商品を発注してからお客様に納品されるまでの時間や日数のことを意味します。リードタイムを短縮すると、顧客満足度が上がり顧客を獲得できます。顧客を獲得すれば更に商品が売れ、結果的に在庫回転率が向上していくのです。このようにリードタイムと在庫回転率は密接な関係なため、リードタイムのバランスを考えることは在庫回転率を上げる為の方法として重要といえます。

また、リードタイムには開発リードタイム・調達リードタイム・生産リードタイム・配送リードタイムなどと工程ごとに分けて呼ぶこともあります。例えば、使用量が全く同じ在庫であっても発注リードタイムを減らしただけで、

  • 倉庫に抱える平均在庫数が減る
  • 新たなスペースが生まれる
  • キャッシュフローの回転率がよくなる

といった追加のメリットも生まれてきます。工程ごとにリードタイムを考えてみるもの1つの手でしょう。

在庫回転率の向上なら「クラウド在庫管理ソフトZAICO」

在庫回転率の把握や在庫管理の効率化の為にシステム導入をご検討の場合は、「クラウド在庫管理ソフトZAICO」がおすすめです。ZAICOは在庫回転率に必要な出庫数の把握もクラウドからすぐに確認できます。カンタンに操作できるシンプルな在庫管理アプリで、パソコン・スマートフォンからすぐに使えます。

また紙やエクセルを使用していた棚卸もクラウド上で楽々簡単に行え、長時間かかる棚卸の工数削減にも使用できます!ご興味のある方は是非下記よりお問い合わせください。

 
クラウド在庫管理ZAICO紹介