チャーター便とは、混載便との違い、メリット・デメリット、利用ケース

商品を必要な人に、必要なタイミングで届けるためには、輸送方法の検討は欠かせませんね。

輸送に掛けられるコストや、届けるまでの時間など、様々な条件の中で、最適な輸送手段を選ぶ必要があります。

そんな中で、輸送方法の1つである、チャーター便という言葉をご存じでしょうか。

「チャーター便という言葉は聞いたことがあっても、細かいことはわからない」という人もいるのではないでしょうか。

最適な輸送方法を選択するためには、その輸送方法の特徴などを知っておくことが大切ですよね。

そこで今回は、チャーター便の特徴や混載便との違い、さらにチャーター便を使用するメリット・デメリットなどについて説明します。

チャーター便とは?

まずは、チャーター便とはどういう意味なのかを確認しておきましょう。

そもそも、“チャーター”とは、船やバス、航空機などを貸し切るという意味です。

運送業において、チャーター便というと、“運送業で登録されている車両、飛行機などを貸し切ること“を意味します。

つまり、トラックや航空機、船を1台貸し切って、輸送を行うことをチャーター便と言います。

商品の荷姿が極端に長かったり、重量が重かったりなど、他の荷物と一緒に運びにくい物などは、チャーター便が使われることがあります。

チャーター便と混載便の違い

チャーター便と対極にある輸送方法が混載便です。
両者はどのように異なるのか、その違いについて説明していきます。

チャーター便が1台のトラックや飛行機などを1社の荷主が貸し切って輸送するのに対して、混載便は複数の荷主の荷物を一緒に乗せて運びます。

基本的には、集荷する地域が近いことと、輸送する方面が同じである必要があります。

例えば、トラックで言えば、大阪の複数の場所で複数の荷主から荷物を集めて、名古屋方面へ1台のトラックで運ぶという感じです。

私たちの身の回りで言えば、宅配便が代表的な混載便ですね。

1台のトラックを複数の荷主で使っているので、当然、費用的には安くなるので、輸送コストを抑えることができます。

一方、荷物を集荷する日時やコースが決まっていたりするため、急いですぐに輸送したい場合などには向きません。

また、行く先によっては途中で仕分け作業が入るため、誤配送のリスクや荷物が傷つくリスクは高くなります。

チャーター便のメリット

では、1台の飛行機やトラックなどを貸し切って輸送を行うチャーター便にはどんなメリットがあるのでしょうか。

以下に、3つのチャーター便のメリットを説明します。
そのメリットを把握して、有効的にチャーター便を利用しましょう。

日時・ルートを決められる

チャーター便を利用するメリットの1つは、配送日時や配送ルートを自由に決められることです。

トラックや飛行機を貸し切っているので、そのため、目的地に直行することができ、可能な限り最短で届けることができます。

また、1社の荷物を運ぶため、指定時間の自由度も高いです。
チャーター便ならば、送り先の相手が欲しい時間に合わせて正確に届けることもできます。

他にも、こちらの指定した場所を経由して、荷物をそれぞれの拠点で、積み込んでいくこともできます。

このように、チャーター便には、日時や輸送ルートを自由に決められるというメリットがあります。

破損のリスクが低い

チャーター便ならば、荷物の破損のリスクも低く抑えることができます。

混載便の場合は、他の荷物との兼ね合いもあるので、積み方や養生の仕方などもそこまで自由には決められません。

一方、チャーター便ならば、貸し切りであるため、荷物の形状に合わせて、荷台などに乗せる場所や、その荷物に適した養生を行うことができます。
そのため、輸送中の荷物の破損のリスクを低く抑えることができます。

また、チャーター便ならば途中で荷物の仕分けなども発生しないので、仕分けによる荷物の破損のリスクも、混載便に比べ低くなります。

特殊な荷物も積みやすい

トラックや飛行機を貸し切って、輸送することができるので、極端に長い荷物や、形状が複雑で積載効率が悪かったりなど、他の荷物と混載することが難しいものでも安全に運ぶことができます。

例えば、美術品や工芸品などの壊れやすいもの、ニオイの強いもの、動物、そして高額な荷物などを運ぶ際には、チャーター便は適していると言えるでしょう。

このように、他の荷物と一緒に運ぶことが難しい物や、他の荷物と接触することで破損するようなものを安全に運ぶことができるます。

チャーター便のデメリット

一方、チャーター便を使うことにはデメリットもあります。
デメリットも把握したうえで、チャーター便を使うかどうかを適切に判断できるようにしましょう。

以下に、チャーター便を使う際のデメリット2点を説明します。

コストが高め

チャーター便では、トラックなどを丸々1台貸し切るため、コストで言えば、混載便と比べて割高になります。

特に、運ぶ荷物が少なくても、トラックなどを手配するコストは一緒なので、荷物が少なくなればなるほど、コスト的に割高になります。

しかも、常温と冷凍・冷蔵で送りたい荷物が同時にある場合は、2台以上のトラックを用意する必要があります。
そうなると、さらに、コスト高になります。

また、片道だけのチャーターだと帰りにトラックが何も荷物を積まずに走ってくることになり、これは、運送会社にとっては損になります。

荷物を積まないまま走っても、ドライバーのコストはかかりますし、ガソリン代もかかります。
その為、往復での契約が必須となることもあります。

手配が難しいことも

チャーター便のデメリットとして、手配が難しいことも挙げられます。

近年、運送業界ではドライバーが不足しており、さらにコンプライアンスの問題や働き方改革の推進により、チャーター便を引き受けていない会社も増えてきています。

そのため、特に運送業界が忙しい繁忙期にはチャーター便を手配したくても、見つからないこともあります。

チャーター便が適している場面

以上、チャーター便のメリット・デメリットを紹介してきました。
それらを振り返って、チャーター便が適している場面をまとめますので、手配する際の参考にしてください。

①到着時間など細かい指定が必要なとき
チャーター便ならば、目的地に直行で荷物を送ることができます。
その為、到着時刻をある程度正確に指定することができるので、細かい時間設定が必要な時に便利です。

②特殊な荷物を運ぶとき
破損しないように注意して運びたいものや、ニオイなどの問題で他の荷物と一緒に運べないような特殊な荷物を運ぶときに適しています。

③大ロットの荷物を運ぶとき
大量の荷物を運ぶときにはチャーター便を手配して荷物を運ぶ方が、積載効率によっては、混載便よりも安くなる可能性があります。

在庫管理・棚卸をカンタンに!「クラウド在庫管理ソフトZAICO」

輸送計画をしっかりと正確にするには、自社の各拠点にどれだけ在庫があるのかということを把握することも重要です。

その情報があれば、どこの拠点からどのような配送方法で送るのが一番早く、コストも安いかを検討することができます。

そんな時に便利なのが、「クラウド在庫管理ソフトZAICO」です。
こちらのソフトでは、クラウド上で在庫情報を一元管理できるので、複数の拠点の最新の在庫情報を共有することができます。

他にも、棚卸の工数削減などにも効果があると評判のソフトです。

これから、輸送計画などを含めて、ロジスティクスをしっかりと確立したい場合に有効なソフトになっていますので、興味のある方は下記リンクより詳細を確認してみてください。

ZAICO