棚卸は効率化できる?効率化が必要な棚卸の課題と棚卸の効率化方法

棚卸作業は、多くの企業で必須かつ時間がかかるプロセスですが、効率的に管理することで企業の運営コストを削減し、業務の流れを大幅に改善することが可能です。

しかし、多くの企業が直面する時間の浪費、在庫の不一致、カウントエラーなどの棚卸の効率化の課題にどのように対処すれば良いのでしょうか。

棚卸の効率化はできるのか、効率化が必要な棚卸の課題と棚卸の効率化方法を確認していきましょう。

棚卸の効率化はできるのか

棚卸の効率化は、現代のビジネス環境において非常に重要な課題です。

多くの企業が直面している棚卸の時間消費や精度の問題は、適切な戦略とテクノロジーの導入により大幅に改善することが可能です。

特に、デジタルツールの活用は棚卸作業の効率化に大きな影響を与えます。

例えば、バーコードシステムやRFID技術を利用することで、手作業によるデータ入力のミスを減少させ、作業の速度を向上させることができます。

また、クラウドベースの在庫管理システムを導入することにより、在庫データをリアルタイムで正確に把握し、在庫の過不足を防ぐことが可能になります。

最新技術の導入により、人的リソースの負担を減らしつつ、正確かつ迅速な棚卸を実現することができます。

これらの技術を組み合わせることで、棚卸の効率化は十分に可能であり、棚卸の効率化の実現によって企業はコスト削減と業務効率の向上の両方を達成することが期待できます。

効率化が必要な棚卸の課題

棚卸は組織の資産管理にとって不可欠なプロセスですが、棚卸の効率化を実現するには様々な課題を解決しなければいけません。

効率化が必要な棚卸の課題を確認していきましょう。

時間や手間がかかる

棚卸は非常に時間を要します。

棚卸作業は数日から数週間にわたって行われ、棚卸を実施している期間は通常の業務が停止または遅延することがあります。

広範囲にわたる在庫を一つ一つ手作業で確認するため、在庫量が多ければ多いほど膨大な時間が必要となります。

この長時間にわたる作業は、企業の他の重要な業務に影響を及ぼす可能性があり、全体の生産性を低下させることにもつながります。

在庫差異が発生する

在庫管理上の記録と物理的な在庫数の間には差異が生じることがあります。

過去の盗難、記録ミス、または商品の損失など原因は様々ですが、在庫差異は財務報告の正確性に影響を及ぼすだけでなく、供給過剰や在庫不足といった問題を引き起こす原因ともなり、最終的には顧客満足度の低下につながりかねません。

カウントミスがある

人の手による在庫カウントは、誤記入や見落としといったヒューマンエラーが発生しやすいです。

カウントミスは在庫の過少報告や過大報告を引き起こし、誤った在庫データに基づいた意思決定は企業の運営に悪影響を及ぼします。

特に在庫アイテム数が多い場合や棚卸作業が急いで行われる場合に頻発します。

カウントする商品の重複が起きる

他の人がカウントした商品を別の人がカウントすることで、在庫数が実際よりも多く報告されることがあり、誤った在庫レベルの情報に基づく発注が行われる可能性があります。

重複カウントは在庫データの信頼性を損ない、結果として不必要な在庫コストの増加や、在庫切れのリスクを招きます。

紙のリストによる環境問題やコスト負担

従来の棚卸方法では、紙のリストを使用して在庫を追跡することが多いため、大量の紙を消費し、企業の環境負荷を高める要因となります。

また、紙とプリントに関連するコストも無視できない要素です。

デジタル化されていない記録方法は、データのアップデートや共有も非効率で、時間とリソースの無駄につながります。

人的リソースによるコスト負担

棚卸は多くの手作業を要するため、大量の労働力を必要とします。

特に大規模な企業や多くの在庫を抱える企業では、棚卸期間中の人件費が大きな負担となります。

また、従業員を通常の業務から離れさせることで、その他の業務の効率が低下する可能性もあります。

棚卸の効率化の方法

棚卸は多くの企業にとって必須の業務ですが、棚卸のプロセスは時間がかかり、労力を要します。

しかし、効率的な方法を取り入れることで、棚卸の課題を軽減し、業務の流れをスムーズにすることが可能です。

棚卸を効率化する方法を確認していきましょう。

普段からきちんと在庫管理を行う

棚卸の効率化は、日常的な在庫管理の質に大きく依存します。

在庫が正確に管理されていれば、棚卸時に発生する問題を大幅に減らすことができます。

例えば、入出庫の際にリアルタイムで在庫情報を更新することにより、在庫の過不足を防げるため、棚卸作業時のカウントミスや時間のロスを減らすことができ、全体の効率が向上します。

職場の5Sを徹底する

職場の5Sは、整理、整頓、清掃、清潔、躾の原則を職場に適用することで、物理的な環境の改善と作業効率の向上を図ることを言います。

整理整頓された倉庫や店舗は、商品の正確な位置が明確になり、棚卸作業のスピードアップに直結します。

また、清潔な環境は作業の精度を高め、ミスの発生を防ぎます。

リストに商品画像を載せる

棚卸リストに商品の画像を含めることで、作業者が正確に商品を識別しやすくなります。

特に、似たような商品が多い場合や、新しいスタッフが棚卸作業を行う際に有効です。

画像があることで、商品の見間違えが減り、全体のカウント精度が向上します。

カウント済みの商品に目印をつける

カウントが完了した商品には目印をつけることで、他のスタッフが同じ商品を再カウントするミスを防ぐことができます。

使用する目印は、取り外し可能なステッカーやリボンなど、簡単に識別できるものが適しています。

Excel管理の脱却

Excelやその他のスプレッドシートツールは便利ですが、大規模な在庫や複雑なデータ管理には限界があります。

専用の在庫管理システムを導入することで、データの一元管理、リアルタイムでの更新、エラーの自動検出などが可能になり、棚卸の効率と正確性を大幅に向上させることができます。

棚卸のデジタル化

デジタル技術の導入は棚卸の効率化において非常に有効です。

バーコードシステムやRFIDタグの利用、そしてクラウドベースの在庫管理ソフトウェアは、手作業による入力ミスを減らし、在庫追跡の自動化を実現します。

棚卸のデジタル化により、作業時間が短縮され、カウントの精度が向上し、最終的には全体の業務効率が改善されます。

棚卸の効率化に「クラウド在庫管理ソフトzaico」

棚卸はデジタル化や在庫管理システムの導入によって効率化することが可能です。

効率化が必要な棚卸の課題として、時間効率や人的リソース、作業ミスなどがありますが、これらの負担を軽減させることができます。

棚卸を効率化するための在庫管理システムは「クラウド在庫管理ソフトzaico」が効果的です。

「クラウド在庫管理ソフトzaico」は、在庫の更新内容をリアルタイムで同期して在庫を可視化し、在庫管理の負担、欠品・過剰在庫を大幅に削減するクラウド在庫管理アプリになり、インターネット環境さえあれば時間や場所を問わずにアクセスできます。

製造業、小売・卸売業、建設・不動産業を中心に、さまざまな企業・団体で導入し、在庫管理にかかる時間を大幅にカットするなど、効果を実感いただいています。

無料プランや有料プランの1か月の無料お試しもございますので、物品管理や在庫管理に課題を抱えている方は是非、「クラウド在庫管理ソフトzaico」をご検討ください。