ロジスティクスとは?基礎知識とその効果などをわかりやすく解説

皆さんは、“ロジスティクス“という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
ロジスティクスは、「商品などを無駄なく、効率的に生産したり、運んだり、保管すること」を言います。
企業がモノを生産し消費者に届けるには、ロジスティクスという考えは必要不可欠といって良いでしょう。
今回はロジスティクスの意味や、似たような言葉である物流やSCMとの違いについて説明します。
ロジスティクスの効果や今後の動向についても触れていますので、ぜひ参考にしてください。

ロジスティクスとは

ロジスティクスは、「商品などを無駄なく、効率的に生産したり、運んだり、保管すること」を言います。

その為には、消費者のニーズに合わせて、生産したり、在庫を持ったり、最適な輸送方法や配送センターの立地を計画する必要があるでしょうし、消費者の求める品質を満たすのも大切です。

ロジスティクスは、“生産・流通(輸送や調達など)・消費”まで全てを含んだ考え方のことです。

一方、このロジスティクスと似たような用語として、物流とSCM(サプライチェインマネージメント)があります。

物流とSCMとロジスティクスの違いについて、以下に説明していきます。

物流との違い

前述のようにロジスティクスは、“生産・流通・消費“まですべてを含んだ考え方です。

一方、物流というのは主に、“流通”に着目した考え方で、商品などのモノを届けるまでの一連の流れをいいます。

つまり、ロジスティクスの考えの中に、物流は含まれているということです。

物流の目的は商品を傷つけることなく、スピーディーに消費者の元に届けることです。
その為に、物流には以下の6つの機能があります。

①配送・輸送
トラックや飛行機、鉄道などでモノを移動させること。

②保管
倉庫などで商品を保管すること。
保管をすることで、例えば、魚が豊富に取れる時期にたくさん捕って、冷凍保管し、品薄の時期に販売することができる。

③荷役
荷役とは、積み込み・荷下ろしのこと。
具体的には、倉庫に運ばれてきた商品をトラックからフォークリフトなどで積み下ろしして、保管場所へ横持ちしたりする作業のこと

④梱包・包装
商品を保護するために適切な容器などに収納すること。
例えば、通称“プチプチ”と呼ばれる、「気泡緩衝材」などが代表的。

⑤流通加工
商品の数量や品質を検査する検品や配送先ごとへの仕分け、商品への値札の取り付けなどの作業。

⑥情報システム
①~⑤を効率的に行うための情報システム。
例えば、倉庫管理システムや在庫管理システム、バーコードを使ったピッキングシステムなど。

SCMとの関係

SCMとはサプライチェーンマネジメントの略です。

これは、ロジスティクスよりももっと広い概念です。

ロジスティクスは企業単体で、商品の効率的な生産や流通などを実現しようとする考え方です。

その一方、SCMは自社のみならず、企業間をまたいで、最適な生産や流通などを実現しようとする考え方です。

例えば、コンビニのおにぎりを考えてみます。

ここでは、分かりやすくするために簡略化して、コンビニへおにぎりが届くまでに以下の様な関係者がいるとします。

農家⇒おにぎり工場⇒コンビニ

農家では、肥料の調達や、収穫したお米の袋詰め、お米の保管など、農家にとっての最適なロジスティクスが存在します。

工場でも同様に、お米を仕入れて、おにぎりを作って、包装したり、仕分けして出荷するなどのロジスティクスが存在しますね。

コンビニも同様です。
「コンビニへの到着時間と発注数を確認する」、「届いたおにぎりをトラックから降ろして棚に並べる」、「おにぎりの数や袋の破れがないか検品する」など、ロジスティクスが存在します。

この、関係者のロジスティクスの全体最適を考えるのがSCMという考え方です。

このように、それぞれの企業の活動というのは、まるで鎖(チェーン)のようにつながっているのです。

そこから、サプライチェーンマネジメントと名付けられているのです。

ロジスティクスの歴史

ロジスティクスというのは日本語訳すると、兵站(へいたん)です。
兵站というのは軍事、戦争などで使われる言葉で、戦場の部隊支援のため、物資の供給・補充・輸送をおこなうことを意味します。

つまり、戦場において効率的にモノを輸送させたり、保管したりするために使われていた言葉なのです。

それが、だんだんとビジネスの世界にも使われるようになりました。

このロジスティクスは過去に大きな転換期が3回あります。
その内容を紹介しながら、ロジスティクスの歴史を振り返ってみましょう。

①ロジスティクス1.0
1回目の大きな変化は、鉄道による大量輸送が実現したことです。
それ以前は、馬車や船舶などによった輸送が一般的でしたが、鉄道の登場により、大量の物資を遠隔まで、短時間で運べるようになりました。

②ロジスティクス2.0
1950年代に入ると、フォークリフトやパレットなどが登場し、荷役の効率化が実現しました。

さらには、海上コンテナも普及し、トレーラや大型クレーンを利用して、輸出入の効率も大幅にアップしました。

③ロジスティクス3.0
1980年代には、ロジスティクスに情報システムが導入され始めました。
それまでは、荷物の入出庫などは全て、人手で書類や台帳に記載して管理していました。

しかし、情報システムの導入により、入出庫管理やピッキングなどの管理をコンピュータで行うようになりました。

このように、3回の大きな転換期があったロジスティクスですが、近年では、次の大きな転換期であるロジスティクス4.0の時代を迎えようとしている、と言われています。

ロジスティクスの効果

では、ロジスティクスを導入することで、一体どんなメリットがあるのでしょうか。

大きく分けて「在庫適正化」、「コスト削減」、「営業支援」の3つが挙げられますので、それぞれについて説明します。

在庫適正化

ロジスティクスによって、正確な需要予測ができれば、それを在庫計画に反映させることで、在庫を適正化することができます。

在庫を適正化できれば、欠品を防げますし、逆に過剰な在庫を抱えるリスクも減らせます。

現代のように、人々の関心が頻繁に変わるような時代では、需要予測が外れれば不良在庫も多くなってしまいます。
そのため、需要予測を在庫計画に反映することはとても重要です。

コスト削減

ロジスティクスにより、在庫が適正化されれば、無駄な在庫がなくなり、在庫コストの削減や保管コストも削減できます。

また、無駄な在庫が減れば、棚卸にかかる手間も削減でき、結果的に労務費の削減にもつながります。

さらに、配送センターのような物流拠点の集約や、配送方法を効率化できれば、輸配送費用なども削減できます。

営業支援

ロジスティクスが確立されていない企業では、営業担当が在庫管理を兼ねている場合があります。

営業担当が顧客から今後の受注予定などの情報をもらいそれぞれ在庫を持っているようなケースがあります。

しかし、ロジスティクスがしっかり確立されれば、営業担当は在庫管理をする必要がなくなり、本来の業務のみに集中することができます。

このように、ロジスティクスの確立は、営業支援にもつながります。

ロジスティクスの今後

ロジスティクスには過去に3回の転換期があることは先にも少し触れました。
そして、今、ロジスティクスは次の転換期である、ロジスティクス4.0を迎えようとしています。

ロジスティクス4.0ではどのような変化が起こるのかというと、それはズバリ「IoTやAIなどによる省人化と標準化」です。

省人化というのは、その言葉通り“人を省く”ということです。

自動運転やロボットの導入により人間が今までやっていたことが機械化され、人間のかかわる作業が減っていくでしょう。

ロジスティクス4.0ではこのような省人化が進み、物流の主体が人からロボットなどのテクノロジーに移っていくと考えられています。

また、標準化とは“複雑なことをルール化して単純化すること”を意味します。

ルール化されたことをこなすのは、人間よりもAIの方が何倍も優れています。
AIは計算や処理のスピードは速いですし、人為的ミスもありません。

標準化が進めば、ロジスティクスの分野では、AIを用いて最適な輸送ルートや輸送手段などを導き出すことができます。

さらに標準化が進めば、企業間をまたいだ最適解もAIを用いて求めることができます。
つまり、最適なSCMをAIを用いて構築することができる可能性があるのです。

在庫管理・棚卸をカンタンに!「クラウド在庫管理ソフトZAICO」

今回はロジスティクスの言葉の意味や物流、SCMとの違いやロジスティクスのもたらす効果などについて説明してきました。

ロジスティクスの中で、もし在庫管理を効率化したい場合には、在庫管理ツールを導入するのがおすすめです。
在庫管理がしっかりできれば、在庫コストや保管コスト、さらには営業支援にもなり、棚卸の工数削減にもつながります。

当社がご用意している「クラウド在庫管理ソフトZAICO」は、シンプルで使いやすさを追求したソフトです。
スマホやパソコンを使用できるため、高額な専用機器を購入する必要もありません。
iPhone・Androidに対応しているので、今使っているスマホがあればすぐに利用することができます。

扱いやすく多くのコストダウン効果も見込める「クラウド在庫管理ソフトZAICO」。
興味がある方はぜひ、下記リンクより詳細を確認してみてください。

ZAICO