2022/5/10

抱えていた課題

    • 帳簿(紙)でアナログな管理方法
    • 在庫状況は責任者しか把握していない

導入・活用効果

  • 在庫状況が可視化され、リアルタイムで正確に把握できるようになった
  • 現場スタッフの在庫管理に対する意識の改革

ZAICO選定理由

  • 価格が安く導入しやすい
  • 専用機器を使わずスマホ・タブレットで管理できる



\有料プランも31日間無料でお試し!/


福岡県知事指定特産工芸品にも指定されている八女すだれの製造販売を行い、創業110年の老舗である株式会社鹿田産業の製造を担う竹市株式会社様。寺社用の御簾などのオーダー品だけでなく、ECでの販売展開もされています。ただ、EC販売をするにあたって昔ながらのアナログな在庫管理による製品の欠品や、納期の遅れが発生したりと、従来の在庫管理に限界を感じリアルタイムで在庫管理ができるZAICOを導入いただきました。

今回は、竹市株式会社部長の倉員(くらかず)様にお話をお伺いしました。

竹市株式会社画像1Photographs courtesy of Kengo Kuma and associates


紙の管理からの脱却。リアルタイムに在庫状況の把握を実現!

私たちの会社で製造しているすだれは、寺社用の御簾などのオーダー品やEC販売用の製品があります。特にEC販売ではオーダー品と違ってリアルタイムに正確な在庫状況を把握していなければなりません。既存のお得意先様は、在庫不足による納期の遅れなどが発生しても都合をつけていただいておりましたが、EC販売となるとレスポンスが重要です。注文を受けて翌日には発送が当たり前になっている中、在庫を紙の帳簿で管理していたため、リアルタイムで在庫状況を確認できず、即座に対応しきれていませんでした。
また、在庫管理は属人的で工場責任者のみしか把握できておらず、責任者が休みのときや外出時に在庫の有無がわからず、困ることも。

そのような状況で、リアルタイムに在庫管理したいとZAICOにたどり着きました。ZAICO導入後は、在庫状況が可視化され、正確な在庫管理が可能となりました。在庫状況をデータ化したことによって、多種にわたっていた在庫の品目数の集約などにもつながりました。

専用機器も不要。使い慣れたスマホやタブレットで在庫管理が可能に!

ZAICOを使っての在庫管理は、すだれ製造の職人が自らタブレットを操作して行っています。QRコードを印刷してQRコード一覧表を作成しており、それらをスキャンして入出庫作業を実施しています。

材料(倉庫から出庫)
→材料の入庫・出庫(仕入れた材料をQRコードをスキャンして入庫処理、半製品を製造する際に材料のQRコードをスキャンし出庫処理
→半製品の入庫・出庫(材料を使って半製品製造後に半製品としてQRコードをスキャンし入庫処理、完成品を製造する際に半製品のQRコードをスキャンし出庫処理)
→完成品の入庫・出庫(完成品になったものを完成品としてQRコードをスキャンし入庫、販売会社及びお客様からの注文にてQRコードをスキャンし出庫)

といった流れで作業し、それぞれの入出庫のステップで在庫データとして登録し、その際にQRコード一覧表を活用した入出庫処理を実施しています。ZAICOでは専用の機器を使う必要がなく、日常から使い慣れているスマホやタブレットが使えたため、導入のハードルが低く取り入れやすかったと思います。

竹市株式会社画像2

ZAICO導入により現場スタッフの意識改革も!

ZAICOを導入し、リアルタイムで正確な在庫管理ができるようになったことはもちろんのこと、現場で働く職人のみなさんに在庫管理への意識改革が起こったことが何よりも大きかったです。今までは製造のみの作業であった職人のみなさんが、在庫管理に携わることによって作業の効率化などに意識が向くようになりました。また、ZAICOを扱うことで、主体的に活用方法の工夫や意見が出てくるようにもなりました。
例えば、スマホの画面が小さく見えづらい場合はタブレットを使う提案や、細分化しすぎた材料の在庫を集約することで印刷するQRコード自体を減らすよう工夫するなど、現場ならではの意見を積極的に伝えてくれたことが大変良かったです。

今後は、ZAICOを使って期末棚卸を行うことを目標にしています。これまでは全社を挙げての棚卸で、紙の帳簿で実施していましたが、在庫数にずれも生じていたため、かなりの時間がかかっていました。「棚卸が劇的に短くなった」といった事例記事もありましたが、次回の棚卸はZAICOを活用し、1日で完了できるようになればいいなと期待しています。
竹市株式会社画像3

在庫管理をスマホで、クラウド管理したいと考えている方々にメッセージをお願いします。

私たちの会社は高齢の方も多いのですが、日常で使い慣れたスマホやタブレットを活用することで在庫管理ができるようになりました。導入時の教育の問題もありますが、使い慣れた人が周りの方へ率先して教えることで、その点はクリアし改善が進みました。「在庫管理を改善したい!」という思いで取り組んでいけば、必ず良い方向に向かうのではないかと思います。

在庫管理基本情報 

  • 会社名:竹市株式会社
  • 業種:すだれの製造
  • 管理している物品:材料、半製品、完成品
  • 管理している品目数:1,500
  • ZAICO利用前の在庫管理方法:紙(帳簿)
  • 利用頻度:毎日
  • 利用人数:5名
  • よく使う機能:QRコード、入出庫スキャン



\有料プランも31日間無料でお試し!/