在庫回転日数

在庫管理で、一番大切なことは何か?

それは、在庫を素早くお金に変えることです。

在庫は、お金が形を変えたもので、在庫が無いと

売上にできません。

 

しかし、在庫がずっと倉庫に眠っているとどうなるか?

それはお金を眠らせているのと同じです。

しかも!在庫は、維持するためにお金がかかります。

例えば、在庫を保管するための倉庫。

在庫を運ぶためのトラック。

そして、在庫を管理するための人。

 

経験的な数値ではありますが、だいたい在庫金額の

15%が在庫維持費用と言われています。

 

そこで、大切になるのが在庫をどれだけ早くお金に返る

ことができているか?ということです。

 

その指標になるのが、在庫回転率です。

在庫回転率は、次の式で計算できます。

在庫回転率=売上原価÷平均在庫

平均在庫=(期首在庫+期末在庫)÷2

 

例えば、期首在庫200、期末在庫=300

売上原価=500の場合、

在庫回転率は、

500÷(200+300)÷2=2

つまり、期首~期末の期間中に、在庫が2回転したということになります。

 

さらにここから、在庫回転日数を計算できます。

在庫回転日数は、

在庫回転日数=在庫回転率÷日数

今回、期首~期末が1年(365日)とすると、

在庫回転日数は、

365÷2=180(日)

つまり、在庫が1年間で2回転した=180日分の在庫がある。

ということが分かります。

 

在庫管理の指標をどうすればいいのか分からない・・・

という方は、在庫回転率を指標にすることをお勧めします。

 

在庫管理に関してもっと知りたい方は、在庫管理110番をご覧ください。