在庫管理の見える化とは?在庫管理を見える化するメリットと方法

在庫管理に限らず見える化は、必要な情報に誰でも容易にアクセスできる環境を作る取り組みとして、ビジネスのさまざまなシーンで重視されています。

在庫管理の現場でも例外ではなく、在庫管理の見える化は生産性や顧客満足度の向上に大いに役立つものです。

在庫管理の見える化とは何か、在庫管理を見える化するメリット、在庫管理を見える化する方法をわかりやすく解説します。

在庫管理の見える化とは?

在庫管理の見える化とは、在庫の情報を正確に把握し、必要な関係者がいつでも容易にアクセスし確認できる状態にすることです。

在庫管理の見える化では、主に以下のような要素を可視化します。

  • 在庫数量
  • 保管場所
  • 在庫金額
  • 入出庫履歴

見える化を進めることで、在庫を扱う関係者は必要なデータが一目で確認可能になります。

在庫管理の見える化により、過剰な在庫や在庫切れのリスクを減らし、資源の最適な配分やサービス向上の実現が可能です。

在庫管理が見える化されないリスク

在庫管理が見える化されていない状態は、在庫情報が特定の個人や少数のメンバーに依存し属人化している状態でリスクがあります。

在庫管理に限らず属人化が進むと、組織に情報が共有されず、担当者以外は正確な在庫を把握できない状況が生まれます。

特に、担当者が休職や退職した場合には、在庫データの更新や管理が滞り、誤った在庫情報に基づいて業務が進められることがあります。

このような状況は、過剰在庫や在庫不足などの問題を引き起こす原因です。

企業は余計なコストの負担や、顧客・取引先の満足度を低下させるリスクが高まるでしょう。

また、情報が適切に共有されていないため、意思決定の遅れや業務効率の低下などを引き起こし、企業の業績にも悪影響を与えます。

在庫管理を見える化するメリット

在庫管理の見える化は、適切な在庫レベルの維持や効率的な資源配分を実現する上で、重要な取り組みです。

在庫管理の見える化で得られるメリットを確認していきましょう。

過剰在庫を防いでコスト削減

在庫管理の見える化は、過剰在庫を効果的に防止し、企業のコスト削減につながります。

在庫管理が見える化されていない場合、不正確な情報に基づく在庫の積み上げが発生し、保管場所の占有や在庫コストの増加などの問題を引き起こします。

一方、在庫管理が見える化されることで、関係者が必要なときに在庫状況を把握できるため、需要予測に基づいて正確な在庫量の維持が可能です。

見える化された在庫管理は、余分なコストを削減し、企業の財務状態の改善に貢献します。

欠品を回避して顧客満足度を向上

在庫管理が見える化されることで、過剰在庫だけでなく在庫不足による欠品も防止でき、顧客満足度の向上にもつながります。

在庫管理が見える化されていない場合、不正確な情報に基づく受注によって、納期遅延やキャンセルが発生する可能性が高まります。

一方、在庫管理が見える化されることで、タイムリーな在庫状況の把握が可能です。

それにより、欠品を事前に予測して発注タイミングを調整できるようになります。

見える化された在庫管理は、顧客や取引先への商品の安定供給を実現し、顧客満足度の向上につながるでしょう。

在庫の量や位置の把握による倉庫運営の効率化

在庫管理の見える化は、倉庫運営の効率化にも大きく貢献します。

在庫管理が見える化されていない場合、必要な商品を探すのに時間がかかったり、ロスが発生しやすくなったりします。

一方、在庫管理が見える化されていると、在庫の量や所在の正確な把握が可能です。

商品の取り扱いがスムーズにより作業時間を削減でき、ロスにつながる異常も検知しやすくなるでしょう。

見える化された在庫管理は、人件費削減やロスの解消により、倉庫運営の生産性を実現します。

正確な在庫データに基づいた迅速な意思決定の支援

在庫管理を見える化すると、現場や経営層の意思決定の迅速化も実現可能です。

在庫管理が見える化されていない場合、経験と勘や不正確な在庫情報に基づいた意思決定が行われ、供給過多や品切れ、誤った経営戦略につながります。

一方、在庫管理が見える化されることで、発注タイミングの最適化やタイムリーな在庫量と需要予測に基づいた経営戦略の立案など、迅速な意思決定が可能となるでしょう。

このように、在庫管理の見える化は現場から経営層まで意思決定のプロセスを改善し、企業の効率向上や競争力強化に寄与します。

在庫管理を見える化する方法

在庫管理の見える化を進めるためには、ツールや技術の導入、プロセスの改善が必要です。

在庫管理の見える化を実現するための方法を確認していきましょう。

Excelなどで管理する

在庫管理を見える化するもっとも手軽な方法は、Excelなどの表計算ソフトを使用して管理する方法です。

この方法は、大きな初期コストをかけずに、どの企業でも導入できます。

Excelを用いる場合、在庫数量や入出庫の記録、保管場所などをシートにまとめ、定期的に更新することで見える化を実現します。

手軽で取り組みやすい反面、誤入力や更新漏れが生じやすく、大規模で複雑な在庫管理は難しい点がデメリットです。

また、自動化には限界があるため、時間が経つと属人化して見える化の効果が低下しやすい点も課題でしょう。

小規模な在庫管理ではExcelでも十分なケースもありますが、見える化の効果を高め、継続的なものにするためには、専用のシステム導入がおすすめです。

在庫管理システムの導入をする

在庫管理システムの導入は、高い効果が期待できる見える化の方法の一つです。

在庫管理システムは、在庫情報の登録・管理や入出庫の管理、棚卸し作業の効率化など、在庫管理業務全般をサポートします。

システム上で、商品情報・在庫数量・保管場所などをリアルタイムに共有・把握でき、見える化が実現可能です。

在庫管理システムには、自社環境に構築するオンプレミス型と、近年利用が広がっているクラウド型の製品があります。

クラウド型のシステムは初期コストを抑えられるため、中小企業でも導入のハードルが低いでしょう。

在庫管理システムを選ぶ際は、業務ニーズに合った機能の有無やカスタマイズ性、コスト効果などを検討することが重要です。

IoT技術の導入をする

リアルタイムでの在庫把握や自動化を推し進めるなら、IoT(Internet of Things)技術を活用した見える化を検討するのも良いでしょう。

在庫管理で使われるIoT技術には、RFIDタグやセンサーなどがあります。

これらを商品に取り付けてデータを収集することで、正確な在庫量や所在などが追跡でき、精度の高い在庫情報を可視化し共有できます。

それにより、在庫切れや過剰在庫を防いだり、ピッキング作業を効率化して生産性を向上させる効果が期待できるでしょう。

ただし、IoT技術の導入は初期コストが高く、スキルを持った要員も必要なため、計画的に進めることが重要です。

5Sの徹底

ここまでは、ツールや技術面から見える化を推進する方法を紹介してきましたが、最後に現場の改善活動を紹介します。

5Sとは、サ行から始まる以下の5つの活動を指す言葉で、在庫管理を行う作業環境を改善し効率化を図るものです。

  • 整理:不要なものを処分して必要なものだけを残す
  • 整頓:ものを適切に配置して、取り出しやすくする
  • 清掃:職場を清掃し、設備や機器の異常がないかもチェックする
  • 清潔:清掃を習慣化して、清潔な状態を保たれるようにする
  • 躾(しつけ):規律を持って5Sの活動を継続的に維持する

5Sの実践は、在庫管理の作業効率や精度を向上させるとともに、携わる従業員の意識も高め、組織的なモチベーション向上にも貢献します。

在庫管理の見える化にクラウド在庫管理システム「zaico」

在庫管理を見える化することで、コスト削減や顧客満足度向上、意思決定の迅速化などの効果が期待できます。

見える化を実現するためには、ツール・IT技術の活用や現場環境の改善が重要です。

在庫管理システムを活用して見える化を進めようとお考えなら、クラウド在庫管理システム「zaico」をご検討ください。

zaicoは、在庫登録・入出庫・在庫確認などの基本的な機能から多彩な便利機能まで、誰でも使いやすいユーザーインターフェースで提供しています。

クラウドサービスなので、初期コストはなし!提供機能に応じた料金プランで、すぐに利用開始できます。

気になる方は、まずはお問い合わせ、または無料トライアルでお試しください。