属人化のリスクとは?属人化のリスクがある業務と属人化のリスク対策

属人化にはさまざまなリスクがあると言われています。

属人化によるリスクは、組織や業務の持続可能な成長を妨げるものです。

企業に多大なダメージを与えることがあるため、属人化は迅速に対処すべき課題と言えるでしょう。

属人化のリスクとはどのようなものなのか、属人化のリスクがある業務と属人化のリスク回避に必要な対策について確認していきましょう。

属人化のリスクとは

属人化は、特定の個人に業務や情報が過度に依存している状態を指します。

特定の個人の知識や経験、スキルに過度に依存して業務が行われる状況であることから、属人化が進むことでさまざまなリスクが生じます。

属人化にはどのようなリスクがあるのか見ていきましょう。

属人化のリスク:業務停滞のリスク

業務が特定の個人に依存すると、その個人が休暇や病気などで欠勤したり、退職や異動で不在になったりすることで、業務が停滞してしまうことがあります。

他の従業員がその業務を代替できないことによる、プロジェクトやタスクの遅延は、属人化によるリスクです。

業務の停滞が組織全体に影響すれば、生産性の低下やサービスの提供の遅れにつながり、多大な損失を発生させることもあり得ます。

属人化のリスク:エラーやミスの発生リスク

属人化は、知識やスキルが個人に集中するだけでなく、リスクも集中するのが特徴です。

個人の経験やスキルに頼る作業は、ヒューマンエラーのリスクが高まり、その個人が犯したエラーやミスが業務全体に影響を与える場合もあります。

また、情報や知識の保持が特定の個人に限定されることで、ミスの発見が遅れることも少なくありません。

属人化のリスク:情報の流出リスク

業務が特定の個人に依存しすぎると、情報のアクセスや操作の権限に偏りが生じることがあります。

それにより情報の流出や漏洩のリスクが高まり、特に機密性の高い情報が関与する場合は重大な問題が発生する危険があります。

属人化のリスク:成長機会を妨げるリスク

属人化で業務が特定の個人に依存していると、その個人のスキルや経験の範囲内で業務が行われることが少なくありません。

属人化により、他の従業員の成長や能力向上の機会が制限され、結果として組織全体の成長が阻害されるリスクがあります。

属人化のリスク:アナログに依存するリスク

属人化で業務が個人に依存すると業務の透明性が欠如し、業務効率化や生産性向上への対応に遅れが生じることがあります。

属人化した業務がアナログ業務であれば、アナログ業務に依存したりアナログ業務が継続したりして、効率性や競争力の向上が阻害されてしまいます。

属人化のリスク:業務過多になるリスク

特定の個人に多くの業務が依存している場合、その個人の負担が過大になり、業務過多に陥るリスクがあります。

属人化が業務過多を生むようであれば、ストレスや疲労が蓄積され、従業員の健康やモチベーションが低下する危険があります。

属人化のリスク:連続性を損失するリスク

属人化で業務が特定の個人に依存している状態で、離職などを理由にその個人が組織を離れると、業務の連続性が損なわれる危険があります。

新しい担当者が業務を引き継ぐまでの間、業務の停滞や遅延が発生し、結果として顧客満足度の低下やプロジェクトの遅延が生じてしまいます。

属人化のリスク:離職率が上昇するリスク

属人化が進むと、特定の個人が組織内で不可欠な役割を果たすことが一般的です。

他の従業員が業務やプロジェクトに参加する機会が減少することで、従業員の成長意欲が低下し、結果的に離職率が上昇する場合があります。

離職率が上昇し、十分な従業員が確保できなくなれば、属人化が加速することもあり得ます。

属人化のリスクがある業務

属人化が起こりやすい業務では、当然ながら属人化のリスクも高まります。

属人化を抑制するためには、該当する業務の洗い出しが重要です。

適切な対処を講じるためにも、どのような業務で属人化のリスクが高まるのかを理解しておきましょう。

高度な専門知識を必要とする業務

高度な専門知識を必要とする業務では、その業務を担当する人物が特定のスキルや知識を持っていることが重要です。

このような業務では、個人の専門知識に依存する傾向が強く、その個人が組織から離れると業務の連続性が損なわれる場合があります。

個人の判断や経験に依存する業務

個人の判断や経験が業務の品質や成果に直接影響を与える業務では、属人化のリスクが高まります。

個人の判断力や経験に頼る業務は、その個人の意思決定やアプローチに大きく依存するため、他の従業員がその業務を代替することが難しくなる場合があります。

特定のツールやシステムの操作に依存する業務

特定のツールやシステムの操作が必要な業務では、そのツールやシステムを熟知している個人が重要な役割を果たします。

このような業務では、特定の個人がそのツールやシステムを操作することに依存するため、その個人が不在になることで業務の停滞が生じる危険があります。

個別の業務やプロジェクトに関連する業務

個別の業務やプロジェクトに関連する業務では、その業務が特定の個人によって担当されることが一般的です。

個人の知識や経験に大きく依存するため、その個人が不在になると業務の遅延や品質低下が生じることがあります。

属人化のリスク回避に必要な対策

属人化で起こるさまざまなリスクが理解できれば、迅速に対応すべきであることは分かるはずです。

属人化のリスクを回避するためには、属人化が起こらない環境を整備する必要があります。

属人化のリスク回避に必要な対策について確認していきましょう。

ナレッジマネジメントの導入

ナレッジマネジメントシステムの導入で、組織内の知識を集約し、共有可能な形で整理することができれば、従業員間での知識共有が容易になります。

業務に関連する情報や手順が一元管理されるため、特定の個人が組織を離れても業務の連続性を確保することができます。

また、新しい従業員や後継者が必要な情報にアクセスしやすくなるため、業務の引継ぎをスムーズに行うこともできます。

業務の標準化

業務プロセスや手順を明確に定義し、標準化することで、属人化を回避するのに効果的です。

作業の一貫性が確保されるため、個人のスキルや経験に依存せずに業務を遂行することができます。

組織内でのタスクの移行が効率的に行えるようになるため、引継ぎなどもスムーズです。

知識共有とトレーニング

知識やスキルの偏りは属人化が続く要因です。

そのため、従業員間での知識共有や定期的なトレーニングを行うことで、特定の個人に依存せずに業務を遂行できる能力を育成することが重要です。

スキルや知識のレベルアップを図ることで、属人化のリスク回避だけでなく、組織全体の成長が後押しされます。

デジタルツールの活用と自動化

デジタルツールの活用と自動化ができれば、業務プロセスを効率化し、生産性を向上が期待できます。

たとえば、タスク管理ツールやプロジェクト管理ツールを活用することで、業務の進捗状況をリアルタイムで把握し、チーム全体のコラボレーションを促進するなどです。

また、自動化ツールを導入することで、繰り返しの作業やルーチン業務を自動化し、人的エラーを減らすことができます。

リーダーシップの育成

従業員の成長を支援するリーダーの育成は、組織の成功や成長において不可欠です。

リーダーには、コミュニケーションスキル、チームビルディング能力、問題解決能力などが必要です。

リーダーが、メンバーの強みや成長の機会を見つけ出したり、情報や知識の共有を支援したりすることができれば、属人化を防止することができます。

属人化のリスク対策にzaico

在庫管理の現場では、在庫の可視化が困難であったり、業務が一元化されていなかったりすることが原因で、属人化が起こることが少なくありません。

作業プロセスが不透明になることで、ミスの発見やトラブルの対応に遅れが生じることもあります。

在庫管理の業務における属人化の対策には、在庫管理アプリ「zaico」の活用がおすすめです。

「zaico」では在庫登録や入庫・出庫、在庫管理に至るまで、全ての業務を一元化できるだけでなく、便利機能で高度な管理術にも対応可能です。

属人化のリスク回避に、ぜひzaicoの導入をご検討ください。