お知らせ

【プレスリリース】zaicoで商品別に履歴が見れて売れ筋分析がもっと簡単に!

〜サイズ違いや色違いも含めた商品別の分析で販売促進・発注最適化を!〜

このお知らせでお伝えしたいこと

  • zaicoで管理している単品の物品を、複数まとめて履歴確認できるようになりました。
  • 商品別に在庫の変動履歴を確認できるので、期間別の売れ行き比較や、商品別の売れ行き比較なども簡単になります。
  • 柔軟な売れ筋分析が可能になり、小売事業者の販売促進や発注の最適化が期待できます。

株式会社ZAICO(本社:山形県米沢市、代表取締役:田村壽英)が提供する在庫管理アプリNo.1(※1)のクラウド在庫管理ソフト「zaico」で、複数の物品をまとめて履歴確認できる機能の提供を開始しましたのでお知らせします。単品で管理している物品を複数まとめて確認できるため、商品単位での在庫分析がより簡単にできる効果が見込めます。

■商品別の履歴確認機能について
zaicoではもともと登録している在庫データ一つの変更履歴もしくは、全ての在庫データの変更履歴を確認する機能がありました。履歴にはいつ、誰の、どんな操作によって、どのような変更が行われたかが記録されているため、販売実績も確認することができます。

今回の機能追加により、サイズ別・カラー別ごとに個々に登録している在庫データから、複数物品を選択し、まとめて履歴を確認できるようになります。サイズ別、カラー別など単品の在庫変動履歴だけでは掴みきれない、商品全体の売れ行き分析も簡単になります。

  • 商品同士の売れ行き比較が簡単になる
    例えば、柄や素材が異なる”シャツA”と”シャツB”はどちらが売れているか比較しやすくなります。
  • 一つの商品における期間別の売れ行き比較が簡単になる
    例えば、複数のサイズとカラーを持つ”シャツA”の売れ行きを、年度単位で比較しやすくなります。
  • 商品内のサイズやカラー別に売れ行き比較が簡単になる
    例えば、一つの商品だけをまとめて抽出できるので、商品内のサイズ別、カラー別の売れ行きなども比較しやすくなります。

さまざまな角度から売れ行き分析が簡単になるため、データに基づいた販売促進施策や発注タイミングや発注量を最適化できる効果が期待できます。

操作方法はヘルプの「【WEB】選択した物品の履歴だけを表示する」をご覧ください。

■株式会社ZAICOについて
累計15万社(2023年3月29日時点)以上に利用されたクラウド在庫管理ソフトzaicoを提供。「数えない在庫管理」「欠品・過剰在庫ゼロ」を目指し、IoTや認識機能などのテクノロジー、また在庫管理の理論を現場で本当に使える機能として提供できるよう開発を続けております。ZAICO社が掲げる「モノの情報を取得し、整理し、提供することで、社会の効率を良くする」を実現するため、ユーザーの皆さまの声を大事にしながら、日々進化して参ります。

株式会社ZAICO
〒992-0021 山形県米沢市大字花沢331番地
代表取締役 田村 壽英
設立 : 2016年10月18日
事業概要 : クラウド在庫管理ソフト「zaico」の開発および販売
URL : https://www.zaico.co.jp/

※1:2023年3月29日時点で、App StoreとGoogle Play ストアの「在庫管理 アプリ」のワード検索時の表示ランクNo.1