AGV(無人搬送車)とは?基本知識とメリット・デメリットなどを解説!

AGV(無人搬送車)という言葉を聞いたことありますでしょうか。
AGVは無人搬送車や無人搬送ロボットなどのことを指し、物流現場でも利用されています。
AGVは1980年代に開発され、その後90年代には、様々な現場で使用されていました。
しかし、特に最近では、AIやデータ解析の技術の発展もあり、それと共にAGVの普及も進んできています。
また、AGV自体の機能も進化してきています。
この記事では、そんなAGVについて、あまり詳しく知らない方に向けて、「AGVとは何なのか?」という基礎的なことから、AGVの活用シーンや導入のメリットなどについて説明していきたいと思います。
「AGVについて、基本的なことを知りたい」という方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

AGV(無人搬送車)とは?

AGVとはAutomatic Guided Vehicleの略で、無人搬送車という意味になります。
しかし、実際は無人搬送ロボットなども含めてAGVと呼ばれることがあります。
このAGVは工場や倉庫などで使われることが多く、人間が運転操作をしなくても自動で走行して、荷物の搬送等を行ってくれます。
導入される現場の荷姿に合わせて、様々な種類のAGVが存在します。
このAGVは1980年代に開発され、その当時のものは、AGVの通るルートをあらかじめ決め、そこに磁気テープなどを引き、AGVを走行させていました。
つまり、あらかじめ決められたルートの上しか走行することができませんでした。
しかし、近年では、AIやビックデータの解析技術が進み、自由に自立走行できるAGVも登場してきています。
そのため、今までと違い、近年のAGVは人間と協働する状況を想定して設計されています

AGVとAMRの違い

AGVと似たような言葉に、AMRという言葉があります。
これは、Autonomous Mobile Robotの略で、自立走行型のAGVを指します。
つまり、AGVがさらに進化した、「次世代型の無人搬送車やロボット」のことを指してAMRと呼びます。
このAMRは、AGVが決められたルートしか走行できないことに対して、自由に移動することが可能です。
そのため、AGVで必要だった、磁気テープなどの走行用のガイドも必要としません。
また、AGVは人や障害物を感知すると停止しますが、その一方、AMRは周囲の状況に合わせて、最適なルートを自動算出して走行します。
そのため、人や障害物に接触しそうになった場合に、減速したり回避することができます。
AMRは以上のような特徴を持つため、人と作業エリアを共有していても稼働が可能です。
AMRは、まさに、「人と協業できるAGV」と言えるでしょう。

AGVの活用シーン

AGVは様々なシーンで活用が可能です。
以下に、活用シーンの例を紹介します。
まずは、物流センターや倉庫内、店舗のバックヤードなどです。
このような場所で、荷物の搬送、仕分けやピッキングなどを行うのにAGVが活用されています。
他にもオフィス内では、エレベータと連携し荷物を運ぶためにAGVが利用されることもあります。
また、ホテルでは、ホテル内のレストランなどで、客席まで食器を運んだり、料理の配膳にもAGVが利用されています。
さらに、商業施設や空港などでもAGVは利用されています。
このようなシーンでは、お客さんの案内や除菌、手荷物の運搬などを行うためにAGVが活用されているのです。
このように、AGVは様々なシーンで利用が可能です。

AGVのメリットとは?

以上のようにAGVは近年になって、進化が進んでおり、様々なシーンで活用されています。
では、AGVを導入することによってどのようなメリットが得られるのでしょうか。
以下に、具体的なメリットについて5つ紹介します。

レールなどが不要

AGVは機種によっては磁気テープを敷く必要はありますが、コンベアを敷いたり、レールを設置する必要はありません。
レールやコンベアは、設置スペースを確保することが大変ですし、さらには、一度、レールなどを敷いてしまうと、ルート変更することも困難です。
特に搬送距離が長ければ、確保すべきスペースも大きく、ルート変更する際の影響も大きくなります。
しかし、AGVの場合は、レールなどが不要なため、ルート変更などにも柔軟に対応できます。

作業者の負担軽減

現場で作業するのは当然、人間がメインとなります。
しかし、人間である以上、その日の体調や、疲労の蓄積などにより、作業効率はどうしても低下してしまいます。
さらには、気候やモチベーションなどによっても作業効率は変化します。
しかも、作業の中には、価値を生む作業と生まない作業があります。
価値を生まない作業の代表的なものが、「モノを運ぶこと」です。
運ぶ作業は当然必要ですが、その間に製品に付加価値が付くことはありません。
このような環境にAGVを導入すれば、作業者の負担を減らせます。
当然、AGVは機械なので疲れることはありませんし、疲労がたまることもありません。
体調を崩すこともなければ、モチベーションによる影響も受けません。
しかも、「運ぶ」という作業をAGVに任せることにより、人間は「モノを作る」という価値を生む作業に専念できるのです。

人為的なミスの削減

作業をするのが人間であれば、「ミスがゼロ」ということはあり得ません。
人間はどんなに作業に慣れて、熟練度が上がってもミスをなくすことはできません。
例えば、倉庫や物流センターで、ピッキングしたり仕分けをするにも、人間がやればミスをゼロにすることはできません。
このような作業をAGVに任せれば、ミスをゼロにすることができます。
AGVの設定などを間違えなければ、人為的なミスを削減できるのも導入の大きなメリットです。

コスト削減効果

AGVを導入することによって、作業にかかる人件費や、作業を教えるための教育費用などを削減できますし、作業者の採用コストも削減することが可能です。
さらには、AGVならば、作業着なども必要ないので、このような備品のコストの削減にもつながります。
AGVの導入に費用はかかるものの、長期的に見れば様々なコストの削減につながる点は大きなメリットと言えるでしょう。

生産性が上がる

先ほども少し触れましたが、人間が行えばミスしてしまうことも、AGVならばミスをすることなく行えます。
さらに、人間のように疲れることもありません。
そして、AGVに作業を任せることによって、人間が本来やるべきことや、人間でしかできないことに集中できます。
その結果、単純作業などはAGVに任せて、人間は価値を生む作業に専念することができ、全体として生産性が上がっていきます。
さらには、「他にもAGVで無人化できることがないか?」という改善の視点も生まれ、現場全体に生産性の向上が波及していくというメリットがあります。

AGVのデメリットとは?

コストダウンやミスの削減、生産性の向上など、AGVを導入することによって得られるメリットはたくさんあります。
しかし、その一方、デメリットもあります。最大のデメリットと言えば、それはやはり、導入コストです。AGVを導入してコスト削減をするためには、まずは大きな投資が必要となります。
さらには、AGVを導入するためには社内の作業手順なども見直す必要があるかもしれません。導入のコスト以外にも、このような作業を見直す工数も費用として掛かります。
また、AGVを導入したからといってすぐに効果が出るとは限りません。想定もしていなかった問題が発覚することもあります。その度に、問題を改善していく工数もかかるでしょう。
以上のように、AGV導入に際しては、多くのコストがかかります。しかし、導入による効果は長い目で見れば確実にあります。導入を検討するには、長い目で見て投資すべきかを判断しましょう。

在庫管理・棚卸をカンタンに!「クラウド在庫管理ソフトzaico」

近年では、ネットショップの注文が増加傾向にあり、倉庫管理の業務効率化はとても重要です。
倉庫管理の効率化には、上記のようなAGVを導入していくことも重要ですが、その一方で、倉庫内の在庫管理の効率化もとても重要です。
在庫管理ができていなければ、欠品が発生し、機会損失につながります。
そこで、在庫管理の効率化におすすめなのが、「クラウド在庫管理ソフトzaico」の導入です。
こちらのソフトならば、在庫管理の効率化の実績があり、棚卸の効率化も可能です。
これからますます重要になる在庫管理の効率化を検討している方は、下記リンクより、zaicoについてチェックしてみてください。

zaico