棚卸のデジタル化とは?棚卸にデジタル化が必要な理由と方法

棚卸作業は企業にとって重要な業務ですが、従来の手作業で行う棚卸では多くの問題が発生します。

棚卸をデジタル化することでこれらの課題を解決し、効率的な棚卸を行うことが可能になります。

棚卸のデジタル化とは何か、棚卸のデジタル化の必要性と棚卸のデジタル化の方法について詳しく解説します。

棚卸のデジタル化とは?

棚卸のデジタル化とは、在庫の確認や記録をデジタルツールを用いて行う方法です。

バーコードスキャナーやモバイルアプリを使用して、商品の情報を迅速かつ正確に収集し、データベースに自動的に記録することができます。

棚卸のデジタル化により手作業による記録ミスを防ぎ、作業効率を大幅に向上させることができます。

棚卸をデジタル化していない場合の問題点

棚卸をデジタル化しないままでいるとどのような問題があるのでしょうか。

棚卸をデジタル化していない場合の問題点を確認していきましょう。

作業時間が長くなる

手作業での棚卸は、多くの時間を必要とします。

一つ一つの商品の数を手動でカウントし、記録する作業は非常に時間がかかり、生産性を低下させます。

また、棚卸しのための人員や時間を割かなければいけないので、他の業務に影響が生じやすいという面もあるでしょう。

在庫差異が発生する可能性が高い

手動での棚卸作業では、数え間違いや記録ミスが発生しやすく、在庫差異が生じることがあります。

これにより、正確な在庫情報が得られず、在庫管理の信頼性が低下します。

また、差異が生じれば棚卸のやり直しや在庫探しなど余計な手間や時間が発生してしまいます。

カウントミスが起きる可能性が高い

手作業の場合、人為的なミスは避けられません。

特に大量の商品を扱う場合、手作業の場合は見落とした重複などのカウントミスが発生しやすくなります。

デジタル化することで確実にミスがなくなるわけではありませんが、手作業でカウントするよりもスキャン一つで正確な数値を記録できるためミスの削減につながるでしょう。

コスト負担が大きい

手作業での棚卸には、多くの人手と時間が必要となり、人件費がかさみます。

また、棚卸に時間がかかることでその他の業務へのしわ寄せや影響も生じることがあります。

棚卸のデジタル化により、作業の効率化と人件費の削減が可能になります。

棚卸のデジタル化が必要な理由

なぜ棚卸のデジタル化の必要性が高まっているのでしょうか。

棚卸のデジタル化が必要な理由を確認していきましょう。

効率性の向上のため

デジタル化により、棚卸作業の効率が飛躍的に向上します。

バーコードスキャナーやモバイルデバイスを使用することで、手作業による記録や数え間違いを減らし、作業時間を大幅に短縮することができます。

従来の棚卸の方法では多くの時間と労力が必要でしたが、デジタル化することで迅速かつ正確に在庫を把握できます。

精度の向上のため

手作業による棚卸では、どうしても人的ミスが発生しがちです。

しかし、デジタルツールを使用することで、商品のバーコードをスキャンするだけで正確なデータを収集できるのでミスが生じにくくなります。

棚卸をデジタル化することで在庫差異やカウントミスが減り、在庫管理の精度が向上します。

リアルタイムデータを取得するため

デジタル化された棚卸システムは、在庫データをリアルタイムで更新することが可能です。

最新の在庫状況をいつでも把握でき、即座に対応することができます。

従来の手動記録では、データの更新に時間がかかり、リアルタイムでの在庫状況把握が困難でした。

コスト削減のため

棚卸のデジタル化は、長期的なコスト削減にも寄与します。

手作業に比べて短時間で作業が完了するため、人件費の削減が可能です。

また、紙の使用量が減ることで、紙代や保管コストも削減できます。

さらに、正確な在庫管理により、在庫の過不足を防ぎ、無駄なコストを抑えることができます。

意思決定のサポートのため

正確でリアルタイムな在庫データは、経営陣の意思決定をサポートします。

デジタル化された在庫データを分析することで、売れ筋商品の把握や在庫回転率の改善、最適な発注量の決定など、戦略的な意思決定が可能になります。

従来の方法では、データ収集と分析に時間がかかり、タイムリーな意思決定が難しいことが多くありました。

棚卸のデジタル化の方法

棚卸のデジタル化はどのようにすればいいのでしょうか。

具体的な棚卸のデジタル化の方法を確認していきましょう。

バーコードの活用

バーコードを利用することで、棚卸作業を迅速かつ正確に行うことができます。

各商品にバーコードを貼り付け、専用のバーコードスキャナーやスマートフォンで読み取ることで、在庫データを自動的に記録・更新します。

バーコードは手軽に導入でき、導入コストも比較的低いため、多くの企業で採用されています。

RFIDの活用

RFIDは、Radio Frequency Identificationの略で、バーコードよりもさらに進化した技術です。

RFIDタグを商品に取り付け、RFIDリーダーを使用して情報を読み取ります。

RFIDは一度に複数の商品を読み取ることができるため、大量の商品を扱う場合に特に有効です。

また、読み取り距離が長いため、離れた場所からでも在庫情報を取得できます。

在庫管理システムの導入

専用の在庫管理システムを導入することで、棚卸作業の効率化と精度向上を図ることができます。

在庫管理システムは、在庫の入出庫管理、リアルタイムでの在庫状況確認、データ分析機能などを備えており、企業の在庫管理を総合的にサポートします。

システムの導入には初期投資が必要ですが、長期的にはコスト削減と業務効率化につながります。

IoT技術の活用

IoTはInternet of Thingsの略でモノのインターネットを意味する言葉で、インターネットを介して様々なモノを接続し、データの収集や交換、管理を行う技術や概念を指します。

IoTのモノには、家庭の電化製品、工場の機械、車両、センサー、ウェアラブルデバイスなど、様々な物理的なデバイスが含まれ、これらのデバイスがインターネットに接続されることで、データの収集や分析、自動制御などが可能になります。

在庫管理にもIoT技術を活用することで、在庫管理をさらに高度化することができます。

センサーやネットワークを通じて、在庫の位置や数量、状態をリアルタイムで監視し、自動的にデータを収集します。

IoT技術により、在庫の動きをリアルタイムで追跡し、異常が発生した際には即座に対応することが可能になります。

ただし、一般的な在庫管理システムと比較して導入コストは高くなるため、費用対効果の検証が重要です。

スマホやアプリの活用

スマートフォンやタブレットを活用し、専用の在庫管理アプリを使用することで、手軽に棚卸作業をデジタル化できます。

アプリはバーコードスキャナー機能を持ち、在庫データを簡単に入力・管理できるよう設計されています。

スマホやアプリを使うことで、いつでもどこでも在庫状況を確認でき、迅速な対応が可能になります。

棚卸のデジタル化にzaico

棚卸のデジタル化は、様々な問題を解決し、在庫管理の精度と効率を大幅に向上させる手段で、ほかにもリアルタイム性、コスト削減、意思決定支援など、さまざまな面で企業の在庫管理を大幅に改善するために不可欠です。

棚卸のデジタル化の方法として最もおすすめ方法は、手軽に導入でき、スマホさえあればはじめられるクラウド型のアプリがおすすめです。

クラウド在庫管理システムzaico」は、在庫の更新内容をリアルタイムで同期して在庫を可視化し、在庫管理の負担、欠品・過剰在庫を大幅に削減するクラウド在庫管理アプリになり、インターネット環境さえあれば時間や場所を問わずにアクセスできます。

製造業、小売・卸売業、建設・不動産業を中心に、さまざまな企業・団体で導入し、在庫管理にかかる時間を大幅にカットするなど、効果を実感いただいています。

無料プランや有料プランの1か月の無料お試しもございますので、棚卸のデジタル化の手段として是非、「クラウド在庫管理システムzaico」をご検討ください。