2つの在庫管理

在庫管理には、大きく分けて2つの管理があります。

  1. 現在の在庫管理(現在庫)
  2. 未来の在庫管理(未来在庫)

 

現在の在庫管理とは?

現在の在庫管理とは、いわゆる一般的な在庫管理です。

今、何が、いくつあるか?

を管理するのが現在の在庫管理です。

 

現在の在庫管理の精度は、棚卸しの精度と一致します。

棚卸しの精度が高いという意味は、帳簿在庫(在庫データ)と実在庫データが

一致しているということです。

 

次に、未来の在庫管理(未来在庫管理)です。

未来在庫管理は、

ある商品(材料)の在庫が、

ある時点(日付)で、いくつになっているか?

というものです。

つまり、発注残や受注残が管理対象になります。

未来在庫の精度は、発注残や受注残の精度が対象になりますが、

大きく分けて、2つの指標があります。

1つめは納期です。

発注残、受注残には必ず納期があります。

発注残は、発注したものが「いつ」納入されるのか、

この「いつ」が、発注納期と同じであること。

 

受注残は、受注したものを「いつ」出荷(販売)するか?

出荷(販売)の日付が、約束した納期と同じであること。

 

さらに未来在庫には、もうひとつの役割があります。

それは、今の在庫は何日分なのか?

例えば、商品Aが100個。 商品Aは1日に10個売れる。

商品Aの在庫は、いつまで持つでしょうか?

その答えは、100÷10=10日分

ですね。

この管理をするためには、1日にどれだけ在庫を使うか?

という数量を記録しておかなければいけません。

 

未来在庫を管理することで、欠品や過剰在庫を防げます。

また、発注処理自体をシステマチックにすることも可能です。

 

現在庫管理と未来在庫管理は相互補完していますが、

あえて挙げるのであれば、現在庫管理と未来在庫管理のどちらの方が大切か分かりますか?

答えは、現在庫管理です。

 

そもそも、現在の在庫数を把握していなければ、

未来の在庫を管理していても意味がありません。

 

在庫管理の第一歩は、現在庫管理から。

未来在庫の管理が上手くいっていない理由、

それは、現在庫の管理に原因があるかもしれません。

在庫管理に関してもっと知りたい方は、在庫管理110番をご覧ください。