高価な在庫管理システム導入しても使えない理由 その4

在庫管理アドバイザーの岡本です。

 

高価なシステムを導入しても、満足に使いこなせている企業は

4社あれば1社、じつに75%が不満を持っているのが実態です。

 

そんな中、最後発のZAICOが8万人ものユーザーに支持されている

のには、理由があります。

 

もちろん、圧倒的な安さは理由のひとつですが、それだけではありません。

 

まず挙げられるのは、「在庫管理の基本」に一点集中しているということです。

通常、在庫管理システムというと、適正在庫が・・・とか発注点が・・・

とか、いろんな機能が盛りだくさんです。

 

在庫管理システムを導入する際、システム会社にデモをやってもらうと

思いますが、その時は盛りだくさんの機能がとても魅力的に見えます。

 

しかし、実際に導入してみると大半の機能は使わないということがわかります。

しかもたくさんの機能があるので、ボタンが多くてごちゃごちゃして使いづらい、

慣れるまで時間がかかります。

 

また、機能が盛りだくさんになると、在庫管理システム内やシステム間で

様々な「連携」が発生します。

連携は便利ではありますが、きちんと入力することと、設定することが

必須です。

多くの企業ではこの作業を適当に終わらせたり、断念しています。

ここが落とし穴になることも多いです。

 

その結果、システムが中途半端になってしまうので、うまく

機能しなくなります。

 

一方でZAICOは、在庫管理で一番大切な

  1. 何が
  2. いくつ
  3. どこに

に特化しています。

連携や設定が不要なので、どんなユーザーでも簡単に使うことができます。

 

2つ目はシンプルさです。

これが、ZAICOのメイン画面です。(iphone版)

 

通常時に使うのは、(8)の入庫と、(9)の出庫のみ。現在庫の確認は、(13)です。

この3つだけ覚えれば、完了です。

その結果、ボタンも少な画面もスッキリでわかりやすいです。

導入したその日に覚えられるシンプルさです。

 

在庫管理システムの導入を検討するのは事務所ですが、

在庫管理業務で一番大切な入庫・出庫作業をするのは現場です。

 

つまり現場が使えなければ、在庫管理システムは機能しないということです。

ZAICOはシンプルなので、現場の人も抵抗なく簡単に使いこなせます。

 

在庫管理システムでZAICOが短期間でユーザーから支持を得られたのは、

「在庫管理の基本を押さえており、シンプルなこと」

これに尽きます。

 

大企業から個人レベルの在庫管理まで、幅広く対応できる理由でしょう。

在庫管理システムに多額のお金を掛ける必要はありません。

 

 

在庫管理に関してもっと知りたい方、在庫管理に関するお悩み・ご相談は、

在庫管理の専門家が運営する在庫管理の総合窓口「在庫管理110番」までお気軽にどうぞ!

在庫管理110番