高価な在庫管理システム導入しても使えない理由 その2

在庫管理アドバイザーの岡本です。

前回、在庫管理システムを導入した企業のうち、

じつに75%が不満を持っているという実態をお伝えしました。

前回の記事はこちら

 

そして、その問題はシステム会社とユーザーの2つにあって、

システム会社の問題点をお伝えしました。

 

今回はユーザー側の問題をお伝えします。

ユーザーの問題としては、「システム会社への丸投げ」です。

 

  • システムの事は分からないので、うまくやってください
  • 今まで色んな会社に導入してきたから分かるでしょう

 

これが、失敗する最大の原因です。

 

前回お伝えした通りシステム会社は、

  • システムを開発するプロ
  • 在庫管理の知識は机上レベルの知識

 

だと思ってただくと良いです。

もちろん、在庫管理の実務に精通した業者も

いると思いますが、大部分は上記のような企業が多いです。

 

システム会社が、

今までできなかったことができるようになります。

は、システム会社が想定している通りに、ユーザーになる

企業がシステムを使うことが前提です。

 

ただ、在庫管理は100社あれば100通り。

各社によって、管理手法は様々です。

 

ユーザーは自分たちの業務と在庫管理の方法をしっかりと

システム会社が理解できるように伝えなければいけません。

 

自分たちの仕事を理解してもらったそのうえで、

システム会社が進める在庫管理システムが、使えるか、

使えないかを判断しなければいけません。

 

ZAICOは、ユーザーが8万人もいます。

システムをリリースしたのが、2015年と他の在庫管理

システムよりもかなり後発にも関わらず・・・です。

 

在庫管理システムを導入するうえで、もう一つ大切な

事があります。

それがしっかりと押さえられているので、ZAICOは

ユーザーを増やすことができました。

 

その理由を次回お伝えします。

前回の記事はこちら

 

在庫管理に関してもっと知りたい方、在庫管理に関するお悩み・ご相談は、

在庫管理の専門家が運営する在庫管理の総合窓口「在庫管理110番」までお気軽にどうぞ!

在庫管理110番