在庫管理システムの導入を成功させる秘訣

在庫管理アドバイザーの岡本です。

ある大手システム会社の調査によると、導入したシステムに不満を持つ企業は実に75%もいるそうです。

その理由として挙げられているのは、次のようなものがあります。

  1. 必要な機能が無い
  2. 業務フローに合っていない
  3. ユーザビリティがわからない(使いづらい)

この問題は、在庫管理システムを導入している企業で、ごく普通に起こっていることで

残念ながらこの問題は解決されていません。

 

この問題が起こるのは、システム会社だけが悪いのではなく、実はユーザー側にも問題

があります。

 

欧米では、パッケージ系のシステムを導入する際に、なるべく導入する

システムに業務を合わせるように業務改善をおこなうようです。

一方で、日本ではシステムをカスタマイズして業務に合させようとします。

 

システムを業務に合せる

というのがとても難しいのです。

 

なぜなら、日本企業は業務フローを創る文化がほとんど無いので、

業務を全て出し切るということが、残念ながらできません。

当然、必要な機能が無いということも起こります。

 

私のお勧めは欧米型のシステム導入方法です。

まずは、業務改善をやった後に、在庫管理システムを導入することを

お勧めします。

 

とはいえ、在庫管理で一番大切なのはデータの蓄積です。

データの蓄積は早ければ早いほうが良いのは当然です。

蓄積するデータは、在庫の出入りデータだけでまずは十分です。

 

そこで、私はZAICOをお勧めしたいと思います。

月額費用が安く、特別なハンディターミナルのような機器も不要ですので、コストがかかりません。

そして、操作がわかりやすいので誰でも簡単に使いこなせます。

そして、何よりも在庫管理で一番大切な入出庫をしっかりと記録できます。

 

まず、ZAICOを導入して、在庫管理の流れを作ってみてはいかがでしょうか?

ZAICOを使って、在庫管理の流れ(入出庫)が作れなかったら、恐らくどんな高価なシステム

を使っても、システム導入はうまくいかないでしょう。

 

在庫管理に関してもっと知りたい方、在庫管理の流れ作り、在庫管理に関するお悩み・ご相談は、

在庫管理の専門家が運営する在庫管理の総合窓口「在庫管理110番」までお気軽にどうぞ!

在庫管理110番