在庫管理は3ステップで改善する ステップ1「情物一致」

在庫管理をキチンとしたい!

けど、問題が多すぎて何から手を付ければいいか分からない・・・

とお悩みの方が、とても多いです。

 

問題に手当たり次第、手を付けていっても実は効果がありません。

むしろ、逆効果になってしまうことすらあるので注意が必要です。

 

在庫管理の改善には手順があります。

私は、3ステップの改善で無理なく、着実な改善を提唱しています。

それは、次の3ステップです。

  1. 情物一致
  2. 不確定要素の除去
  3. 経営と戦略

この3つを川の流れに例えると、

  1. 川底のヘドロを除去し、水質を改善する
  2. 川にある障害物を取り除き、スムーズに流れるようにする
  3. 自分達のための支流を作り、流れ自体をコントロールする。

情物一致

在庫管理で真っ先にやるべき事は、在庫の状態を見えるようにすることです。

在庫が増える一番の原因は不安です。

 

その不安は、「見えない」ことから起こります。

じゃ、まずは見えるようにするということから始めます。

在庫管理において、見える化というのは、

実際の在庫の数(現物数)と、在庫データの数が一致することです。

このためには、在庫のデータを記録する必要があります。

 

エクセルによるデータの記録もいいですが、共有や同時に作業が

出来ない等様々な問題があるので、お勧めできません。

 

まず、各在庫品について

  1. 何が
  2. いくつ
  3. どこに

を押さえるだけで十分です。

これだけをやるために高価なシステムを導入する必要はありません。

低コストで始められるZAICOは便利です。

 

情物一致で求める在庫精度は、棚卸差異で5%以下です。

まずはこのレベルを目指しましょう。

 

在庫管理に関してもっと知りたい方、在庫管理に関するお悩み・ご相談は、

在庫管理の専門家が運営する在庫管理の総合窓口「在庫管理110番」までお気軽にどうぞ!

在庫管理110番