在庫管理で管理するのはたったの2つだけ

在庫管理というと、何を管理すればいいか分からない

という方や管理することを勘違いしている人が意外と

多いです。

 

在庫管理において、必ず管理しなければいけないのは、

「何が」、「いくつ」という情報です。

いくつという情報は、さらに3つの情報に分解できます。

  • 現在庫
  • 入庫数(仕入数)
  • 出庫数(出荷数、販売数)

現在庫=入庫数ー出庫数

という関係になります。

 

さらに、ある程度の規模になると「どこに」

という情報が必要になります。

在庫が100個あったとしても、

大阪に60個、東京に40個だと、注文先に

届く時間がかわったりします。

 

そして、商品によっては「状態」の管理が必要です。

「状態」とは、

  • 食品の賞味期限
  • 製造ロット

等を指します。

「状態」は、品質管理やトレーサビリティなどに活用されます。

 

商品の仕入れ価格や販売価格の大切な要素ですが、

その情報も、「何が」、「いくつ」という情報があってはじめて

活きる情報です。

 

在庫管理をこれからやる方は、

  1. 何が
  2. いくつ
  3. どこに
  4. 状態

このうち、1と2は必須。

3は、複数の棚があったり、在庫を置く拠点がいくつかある

場合に管理します。

 

4は必要に応じて管理します。

業界や商品によっては、4の管理を厳しく求められる場合もあります。

 

在庫管理に関してもっと知りたい方は、在庫管理110番をご覧ください。