よくある棚卸ミス

在庫管理アドバイザーの岡本です。

 

私が在庫管理の改善・仕組みづくりをご支援をさせていただく際に

一番重要視しているのが、棚卸の精度です。

棚卸の精度とは、コンピューター上の在庫数(帳簿在庫数)と実際に数えた在庫数(実査在庫数)

との差異率です。

例えば、帳簿在庫数が100に対して、実査在庫数が90個であれば、在庫精度は90%です。

在庫 = 入庫 -出庫

ですから、棚卸をやれば、入庫と出庫がどれだけ正確に

できているかが分かります。

 

改善を始めた当初ので多いのは、入庫や出庫の漏れです。

今まできちんとやる習慣が無いのが露呈します。

ここは繰り返していくと治っていくことが多いです。

 

入庫・出庫の漏れが無くなると次に起こるのは、

棚卸漏れです。

特に棚卸漏れで多いのは、

  • 別の場所に置いてあった
  • 見つけられなかった

ということです。

以前、在庫管理で一番大切なのは、整理・整頓だと言いました。

整頓をして在庫の置き場を決めて、決まりの通りに在庫を置く・・・

この大切さが棚卸をやると身をもって感じることになります。

 

置き場を守ること!

これが在庫管理で一番大切です。

少しの間なら大丈夫、自分が覚えているから大丈夫

この気持ちが在庫管理を狂わせます。

 

最後に残るのが、「数え間違い」です。

結構皆さん、「数えるだけだしきちんと数えている」と自信を持っていますが

実際には結構数え間違いは多いです。

 

帳簿在庫と違う場合は、数えなおしてみることをお勧めします。

そして、正確に数える方法(重量を使う)などを試してみることを

お勧めします。

 

棚卸を早く終わらせたい、改善したい、けど

今まで失敗してきた・・・

という方は在庫管理110番にお問合せください