皆さん、5Sという言葉をご存知ですか?

5Sとは、

  • 整理
  • 整頓
  • 清掃
  • 清潔
  • 躾(しつけ)

頭文字のSを取って、5Sと言います。

改善活動の基本中の基本であり、5Sは日本生まれです。

セミナーで5Sについて質問する機会を作っていますが、

キチンと答えられる人が意外と少ないことに驚きます。

改めて、5Sについて学びなおしていただきたいと思います。

 

整理

整理とは、いるものといらないものを分けて、いらないものを捨てることです。

整理は2つのポイントがあります。

1つめは、いらないものの定義です。

どうやって定義すればよいか?とよく聞かれますが、簡単です。

いらないものとは、売れていないもの、使われていないもので、

長い間倉庫に眠っている状態のものです。つまり長期滞留在庫です。

長期滞留の定義は、在庫の消化サイクルにもよりますが、まずは1年か2年に

してみると良いでしょう。

仮に1年にした場合、今日が2019年1月9日ですから、2018年1月9日から、

一度も販売したり、使用した形跡の無い在庫です。

 

2つ目は捨てるということです。

これを決めるのは、社長の仕事です。

売れないものは、いつまで経っても売れません。

いつか売れるという考えが在庫をどんどん増やします。

整理で大切なのは、決断です。

整頓

整頓とは、だれでもモノを迷わずに取りだせる状態にすることです。

「誰でも」というのがポイントで、今日入社した新人社員でも、パートさんでも

迷わずに在庫までたどり着けることです。

 

整頓ができていない倉庫には、倉庫職人がいます。

倉庫職人が、在庫の場所を全て把握していて、その人以外は

分からないという状態です。

仮に、倉庫職人がインフルエンザでお休みを取ったらどうなるでしょう?

仮に、倉庫職人が、退職したらどうなるでしょう?

おそらく、会社は大混乱ですね。

そもそも、倉庫作業に専門性は不要です。

誰にでも分かるようにさえしておけば、倉庫職人はいなくてもいいのです。

整頓は工夫です。

 

ちなみに、整理・整頓には順番があります。

整理→整頓です。

 

そもそも、整頓は在庫場所の整備なので、在庫があふれている状態では

整備できません。整理をしてまずはスペースを空けます。

在庫場所をどうにかしたいと思っている方は、まずは整理から取り組みましょう。

 

在庫管理に関してもっと知りたい方は、在庫管理110番をご覧ください。