2月5日(火)に納品データ機能が新しくなり、使い方が変わります

2019/01/29

みなさまからのご要望にお答えして、2019年2月5日より納品データ機能が新しくなります。
次の内容を充実させるリニューアルとなっています。是非お試しください。

  • 日付管理・状態管理がより強力に
  • 番号管理で膨大になった納品データの取り扱いの効率化


納品登録画面の例納品登録画面で新たに「状態」「納品予定日(スタンダードプラン以上をご利用の場合のみ)」を入力できます。
また、状態で納品済みを選んだ場合は「全ての納品が完了した日」を入力でき、予定がない納品にも対応できます。
「納品済み」を選んだ状態で納品登録をすると、納品数量分だけ在庫データから数量が差し引かれます
これまでは「納品数量分だけ在庫データから数量を減らす」にチェックしていましたが、それに置き換わる機能になりますのでご注意ください。

納品データ詳細画面の例納品データ詳細画面で各物品の状態を「納品済み」にすることができ、物品ごとに状態を制御することが可能です。
これにより分納に対応できます。納品済みにすると納品数量分だけ在庫データから数量が差し引かれます。


納品データ編集画面の例納品データ編集画面で新たに「番号」が編集できるようになりました。番号で管理することで同じ取引先に納品データが複数あるときに判別がしやすくなります。

今後もみなさまの業務効率化のためにカイゼンを行ってまいりますので、お気づきの改善点やご要望などありましたら是非ご連絡ください!