4/24 朝の通勤。

朝、雨とか降ると、駅までの一本道が車で渋滞。普段なら5分が、30分以上かかる。タクシーも台風とか、一番使いたい時に出払ってたり。

だいたいの家には車があって、それが雨になると一斉に出てきて、道を塞ぐ。5人乗りに奥さん運転で旦那さん助手席。って事は並んでる車の半分は空席。結局その時に必要な車は半分で済むって事。

で、平日の昼間なんて車は車庫でみんな眠ってる。

これってかなり効率悪いですよね。

自動車会社は、販売までは1円単位で管理して効率追求。でも販売したあとの効率性は全く関与せず。

さっきの例は極端だけど、車は移動の手段って考えたら、自治会ごとに駐車場が一箇所にあって、予約制とかで皆でまとめて使えば、だいぶ必要な車って減るよね。

やっぱり消費者が所有するモノは、企業以上に無駄が潜んでるかも。だから、断捨離の本が売れるんでしょうね。

結局みんな、自分の家に自分の洋服が何着あって、どのくらい使ってないか把握してない。いつも私の妻は着る服がないと嘆くが、クローゼットにあまり着ない服が並んでいる。

企業は買わせるまでは、ワンクリックだが、捨てようとすると、お金とられたり。

自分の家のモノの管理したら、いろいろ見えてくるかも。

そういえば、最近外の倉庫にモノを置かせるサービスがはやってますね。

やっぱり、売ったら終わりのサービスは古いよね。そのモノをもっと有効に使わないとね。

在庫管理をスマートに