ZAICO for Salesforceを利用するにあたって、主な初期設定を説明しています。

初期設定は4つあります。本ページをご覧になり設定をお願いします。

  • ZAICO for SalesforceのSalesforce組織へのインストール
  • ユーザへの権限セットの割り当て
  • ZAICO for Salesforceライセンスのユーザ付与
  • ZAICO for SalesforceとZAICOのデータ連携を設定する

なお、ZAICO for Salesforceの初期設定にあたり、以下のご用意をお願いします。

ZAICO for SalesforceのSalesforce組織へのインストール

  1. トライアル申し込み後に案内されたインストールURLにアクセスします。「管理者のみのインストール」を選択し、「インストール」をクリックします。
    ※ Sandboxにインストールしたい場合は手順が異なります。ご希望の際はお問い合わせください。
  2. サードパーティアクセスの承認が要求されます。チェックボックスにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
  3. インストールが始まります。「完了」をクリックします。
  4. インストールが完了すると、成功を通知するメールがインストール操作を実行したユーザに送信されます。
    以上で、ZAICO for SalesforceのSalesforce組織へのインストールは完了です。

ユーザへの権限セットの割り当て

  1. 権限セットの設定画面で、「在庫管理 ZAICO」権限セットを開きます。
  2. 「割り当ての管理」をクリックします。
  3. 「割り当ての追加」をクリックします。
  4. ZAICO for Salesforceの機能を利用したいユーザに対して、権限セットを割り当てます。「割り当て」をクリックして完了です。

 

ZAICO for Salesforceライセンスのユーザ付与

  1. インストール済みパッケージ設定画面でZAICOの「ライセンスの管理」をクリックします。
  2. 「ユーザの追加」をクリックします。
  3. ZAICO for Salesforceの機能を利用したいユーザにチェックを入れます。「追加」をクリックして完了です。

ZAICO for SalesforceとZAICOのデータ連携を設定する

<ZAICOの設定>

  1. ZAICOにログインして、利用機能設定画面を開きます。
  2. API機能の「利用する」にチェックを入れて、「更新」ボタンをクリックします。
  3. ユーザ情報画面を開きます。
  4. APIトークンをコピーします。

<Salesforceの設定>

  1. Salesforce組織にログインして、ZAICO設定画面を開きます。左上のをクリックして、「zaico」と入力するとアプリケーションが表示されます。これをクリックすると設定画面を開くことができます。
  2. 「APIトークンの設定を開く」ボタンをクリックして、<ZAICOの設定>でコピーしたAPIトークンを貼り付けます。
  3. 「設定」をクリックして完了です。