Bluetooth外付けバーコードリーダーがうまく使えない場合の問題と対応方法を説明します。問題がわからない場合は以下の対応方法を順番に試してください。

なお、バーコードリーダーの設定方法やペアリングの手順方法についてはバーコードリーダーの説明書をご参考いただくか、バーコードリーダーのメーカーまたは販売店までお問い合わせください。

参考:外付けバーコードリーダーの使い方

 

目次


 
 
 

iPhoneアプリで使えない

iPhoneアプリは外付けバーコードリーダー未対応です。今後対応予定となっております。


 
 
 

在庫一覧画面で反応しない、スキャン画面で反応しない

外付けバーコードリーダーでスキャンが行えるのはスキャン画面のみで、設定から「外付けバーコードリーダーを使う」をONにした場合のみです。スキャン設定から「外付けバーコードリーダーを使う」をONにしてください。

   


 
 
 

外付けバーコードリーダーのBluetoothのペアリングがすぐに外れてしまう

バーコードリーダーとスマホ端末の距離が遠い場合、切れてしまう場合があります。出来るだけ離さないようにご利用ください。

バーコードリーダーの設定が、しばらくの時間スキャンしないと自動的に電源がオフになってしまったり、ペアリングが切れるようになっている可能性があります。バーコードリーダーの設定を変更してください。

バーコードリーダーが十分充電されているかご確認ください。バーコードリーダーの充電が不十分な場合、自動的にオフになる場合があります。バーコードリーダーを十分に充電してからご使用ください。

電波干渉が原因の可能性もあります。電子レンジ、テレビ、他の無線機器が近くにある場合、切れやすくなる場合があります。それらから離して使用するようにしてください。

 
 
 

数量変更の画面がすぐ消えてしまう

スキャンした直後に数量変更の画面が表示されるがすぐ消えてしまう場合、スキャンした際に2回以上エンターキーが入力されている可能性があります。スキャンした値の後にエンターキーが1回だけ入力されるようにバーコードスキャナ ーの設定を変更してください。


 
 
 

キーボードアプリを使っているがうまくスキャンできない

キーボードアプリによっては外付けバーコードリーダーが正しく動作しない場合があります。その場合は利用するキーボードアプリを変更してください。Androidの場合、Google社製Gboardをお試しください。


 
 
 

それでもうまくいかない場合

スマホの再起動

一度スマホを再起動してください。

ペアリングの再登録

一度バーコードリーダーとスマホ端末のBluetoothペアリングの情報を削除して、再登録してください。

他のアプリで確認

他のメモ帳アプリなど使って正常にスキャンできること確認してください。

メモ帳アプリを開いてキーボードを半角数字入力の状態にして、下記のバーコードを直接(もしくは印刷して)外付けバーコードリーダーでスキャンしてみてください。

1234567890」と半角で入力された後、1回改行されていれば正しく使える状態です。

もし改行されない場合などはZAICOで正しく使うことができません。外付けバーコードリーダーおよびAndroid端末を再度設定してください。

もし「1234567890」と改行が入力されているにも関わらずZAICOでうまくスキャンができない場合、お手数ですが状況を書き添えの上、サポートにお問い合わせください