iPhoneアプリ版、およびAndroidアプリ版スマート在庫管理で変更された在庫データはデータ同期処理を行わないとクラウド側に反映されません。そのため、データの変更をクラウドに反映したい場合は毎回データ同期処理を明示的に行う必要があり、手間がかかる上、同期忘れが起こる可能性があります。

 

tx_ios_semi_auto_syncそこでプレミアム会員ならば利用できる半自動同期を有効にしておけば、在庫データが新規追加変更削除されたときにその操作内容が即座にクラウドにも反映されるため、手間なくデータの同期忘れを防止できます。

 

左図のように、iPhoneアプリ版では「設定」画面で「半自動同期をする」を有効にしておけばデータ更新時に自動的にその操作がクラウドに同期されます。

 

tx_android_semi_auto_syncAndroidアプリ版では、画面右下の「…」をタップし、「データ同期」のアイコンをタップするとデータ同期設定画面が表示されるので、「自動データ同期」がONになっていればデータ同期が自動的に行われます。