Web

仕入インポート機能を使うことで、CSVファイル形式の仕入データを一括してZAICO(スマート在庫管理)に登録できます。

 

仕入インポートの流れ

1 CSVファイルの編集

はじめに、仕入データを以下の仕様を満たしたCSVファイルになるように編集します。

列名必須形式
番号必須*1文字
物品名文字
取引先名文字
仕入数量必須半角数字
仕入単価半角数字
状態必須文字
QRコード・バーコードの値必須*2文字
摘要・備考文字
仕入予定日日付*3
仕入日一部必須*4日付*3

*1 番号が同じ行のデータは一組の仕入データとして認識します。

*2 仕入データはQRコード・バーコードの値をもとに在庫データと紐付けます。
 QRコード・バーコードの値がないときは、仕入データをインポートできませんのでご注意ください。

*3 日付は2019/03/01 のように入力してください。

*4 状態が仕入済みの場合、仕入日は必須です。

 

CSVファイルのサンプル

番号,物品名,取引先名,仕入数量,仕入単価,状態,QRコード・バーコードの値,摘要・備考,仕入予定日,仕入日
100,テレビ,A社,1,100,発注前,tw201812141120306229184,備考は特になし,2019/1/1,
100,掃除機,A社,1,100,発注済み,tw201901111622299698940,,,
200,掃除機,A社,10,100,仕入済み,tw201901111622299698940,,2019/2/10,2019/2/10

サンプルCSVファイルのダウンロード

上記のサンプルについて解説します。

1行目はヘッダー行として無視されます。なお、番号,物品名,… ではじまるヘッダー行が存在しないときは1行目から仕入データとして取り扱います。

2・3行目を番号が100の仕入データとして認識し、4行目を番号が200の仕入データとして認識します。

 

2 ファイルのアップロード

CSVファイルの準備ができたらZAICO(スマート在庫管理)のWebアプリにログインし、仕入一覧画面から「仕入データをインポートする」をクリックします。


インポート画面が表示されるので、CSVファイルを指定し、「インポートの内容を確認する」ボタンを押せば次の画面に移ります。


 

3 インポート内容の確認

画面にインポートする内容が表示されます。
内容に問題がなければ「インポート実行」をクリックしてください。インポートが実行されます。


 

4 インポートの実行

これでインポート完了です。

 

 

 

 

 

仕入インポートの操作手順の動画はこちら