エントリープラン以上

iPhone  Android

 

[基礎編]

入庫スキャンはQRコードもしくはバーコードをスキャンして検索された物品を入庫する(数量を増やす)機能です。レジで商品をスキャンするように入庫操作ができるので、入力ミスを防ぎ、また入力作業を効率化することができます。


 

機能の詳細や使い方については以下の動画をご覧ください。

 

how_to_create_packing_slips_over_unloading_scan


[応用編]

入庫スキャン結果を仕入データにも反映する

入庫スキャンの結果をそのまま仕入データとして登録することができます。

iPhoneの場合(現在はiPhoneのみ)

まず、スキャン画面メニューの「設定」から「仕入登録をするか選択する」になっているか確認します。入庫スキャンの結果を仕入データとしても登録したい場合はこの設定をONにしてください(なお、常に仕入登録する場合は、「常に仕入登録をする」を選択ください)。

▶︎


 

 上記の設定がONになっていると入庫スキャン完了後に下図の画面が表示されますので、ここで「はい」を選択します(「常に仕入登録をする」の場合はこちらな表示されません)。

 

 

 

 

 

 

 


仕入先を登録する画面が表示されるので、ここで仕入先の取引先名を入力します。Webアプリで取引先を既に登録している場合はそこからも選択できます。

最後に「仕入データを登録」ボタンを押すと、入庫スキャンの結果を入庫データとしても登録します。