出庫スキャンはQRコードもしくはバーコードをスキャンして検索された物品を出庫する(数量を減らす)機能です。レジで商品をスキャンするように出庫操作ができるので、入力ミスを防ぎ、また入力作業を効率化することができます。

 

使い方

tx_ios_unloadking_scan_menuメニュー画面から「出庫スキャン」のアイコンをタップすると以下の出庫スキャン画面が表示されます。

 

出庫スキャンこの画面が表示された状態で出庫したい(数を減らしたい)物品のQRコードまたはバーコードをスキャンします。

スキャンされると当該物品の物品名が表示されると同時に、「出庫」ボタンがタップできるようになります。この出庫ボタンをタップすることで当該物品を出庫対象候補として記録します。(※出庫対象候補として記録しても、この時点ではまだ在庫データに変更はありません。最後に「完了」ボタンをタップすることで在庫データに出庫処理の結果が反映されます)

また、「連続出庫モード」をONにすると、出庫ボタンをタップしなくても即座に出庫対象候補として記録されます。

 

出庫対象を途中で確認する

tx_ios_unload_scaned_listどの物品がどれぐらい出庫対象になっているか確認したいときは、画面右上にある「確認」ボタンをタップします。
そうすると、出庫対象候補の一覧が表示されます。出庫スキャン画面に戻りたいときは、画面左上の「戻る」ボタンをタップします。

 

出庫スキャンを完了して在庫データの数量と変更履歴へ反映する

在庫データの変更履歴に表示されている出庫スキャンの結果

出庫操作が終わったら、画面右上の「完了」ボタンをタップします。

出庫操作の結果を範囲するかどうかの確認に対して「はい」を選択すると、出庫対象候補として記録されていた物品の在庫データの数量が減り、またいつ何個出庫されたかが在庫データの変更履歴に記録されます。

 

 

how_to_create_packing_slips_over_unloading_scan

 


[応用編]

出庫スキャン結果を納品データにも反映する

出庫スキャンの結果をそのまま納品データとして登録することができます。(※現在、iPhoneアプリ番のみ対応)

unload_scan_to_create_packing_slips_image

 

tx_ios_reflect_unloading_scan_result_to_packing_slip_settingまず、メニューの「設定」から出庫スキャンの箇所で「納品登録をするか選択する」がONになっているか確認します。出庫スキャンの結果を納品データとしても登録したい場合はこの設定をONにしてください。

 

tx_ios_reflect_unloading_scan_result_to_packing_slip_confirm_dialog

上記の設定がONになっていると出庫スキャン完了後に左図の画面が表示されますので、ここで「はい」を選択します。

 

tx_ios_packing_slip_customer_input納品先を登録する画面が表示されるので、ここで納品先の取引先名を入力します。Webアプリで取引先を既に登録している場合はそこからも選択できます。

最後に「納品データを登録」ボタンを押すと、出庫スキャンの結果を納品データとしても登録します。

 

tx_web_packing_slip_show納品結果はWebアプリ版スマート管理管理のメニュー「仕入/納品」→「納品一覧」から確認できます。

尚、このとき納品単価は追加項目機能で「納品単価」を追加し、そこに半角数字で単価を入力すれば自動的に納品データに反映されます。