今まで、データの初期化などでデータ量が多いとタイムアウトすることがありましたがデータ量に関わらず処理出来るようにしました。

将来的にはデータの初期化だけでなく在庫インポートの一度にインポート出来る上限の緩和なども行う予定です。

確認方法

WEB画面の上部にある データ管理処理状況 のメニューから確認することが出来ます。

処理状況

管理者権限を持っている方は自身以外が実行したものも確認できます。

進行状況

  • 処理待ち:他のジョブキューの状況から随時処理が実行されるのを待っている状態です。
  • 処理中:処理が開始されています。
  • 失敗:何らかの原因で処理が失敗しました。再実行してください。
  • 完了:処理が正常に完了しました。

リトライ

まだリトライ機能については実装されていませんのでジョブが失敗した場合には再度同じ操作を行ってください。

実行時間

全体の処理状況に応じて同時に実行する数を決めていますので状況によっては処理待ちが長くなる可能性があります。

有効期限

有効期限が過ぎたものは閲覧できなくなりファイルのダウンロードもできなくなりますので必要なファイルがありましたらそれまでにダウンロードをお願いします。