プラス・マイナス機能を使えば「増えた数」もしくは「減った数」を入力するだけで、在庫データの数量を計算してくれます。

iOSの場合

tx_ios_plusminus


 

Androidの場合