在庫データ「初回登録」のインポートを代行します!
もし、初回の在庫登録でインポートがうまくできない場合は support@zaico.co.jp までExcelファイルを添付の上ご連絡ください。
なお、「初回登録」時限定なので、ZAICO内にデータが保存されていないユーザー様が対象となります。

 
Web

CSVファイルから在庫データを一括登録する「インポート機能」について説明します。画像を一括インポートする機能はありません。

また、用意されたCSVファイルに「物品名」「カテゴリ」「保管場所」といった在庫一覧画面のデフォルト項目以外に貴社独自の項目がある場合は、まず独自項目を設定(エントリープラン以上)し、在庫一覧表示機能から在庫一覧に表示させたい項目を選定の上、CSVファイルをインポートしてください。

なお、インポートがうまくいかない場合はインポートがうまく行かない場合の対処方法をご参考ください。

注意事項

  • 一度にインポートできるデータ数は有料プランならば最大1,000件です。
  • 無料プランの場合は200件までとなります。

 

 

   

在庫データのインポートの流れ

1.CSVファイルを用意する

作成方法はこちらのページをご覧ください。

  

2.ファイルのアップロード

CSVファイルの準備ができたらZAICO(スマート在庫管理)のWebアプリにログインし、メニューの「ツール」から「インポート」を選択します。

インポート画面が表示されるので、CSVファイルを指定し、「インポート方法を指定する」ボタンを押せば次の画面に移ります。

 

3.インポート方法の指定

「CSVファイルから新規の在庫データを作成します」を選択してください。

アップロードしたファイルの最初の3行のデータが表示されます。各列に記載された各データを在庫データのどの項目に取り込むか、各列の「在庫データ項目名」を選択してください。

 

 

なお、インポートが不要の項目(列)がある場合は、選択肢の(インポートしない)を選択してください。

 

 

(注)1行目(ヘッダー行)をインポートしたくない場合

在庫データをエクセル等で管理している場合、1行目には項目名が記載されており、そのままCSVファイルに変換しますと1行目が項目名になっている場合があります。

その場合、この「1行目(ヘッダー行)をインポートしない」を選択いただければ、1行目を無視してインポートします。

 

4.インポート内容の確認

画面にインポートする内容(ファイルの内容は3行だけ表示されます)が表示されます。

内容に問題がなければ「インポート実行」をクリックしてください。インポートが実行されます。

 

5.インポート実行

これでインポート完了です。