スマート在庫管理では棚卸スキャンを使う方法と、変更履歴を活用するして棚卸の作業を記録し、いつ誰が棚卸をしたかを記録できます。

 

棚卸スキャンを活用してスマートフォンアプリから棚卸をする

iPhone/Androidアプリから棚卸を行う方法です。詳細はこちらの「バーコードをスキャンして棚卸をする」のページをご覧ください。

 

 

変更履歴機能を活用してWebアプリから棚卸をする

tx_web_take_inventory_01Webアプリ版スマート在庫管理を利用して棚卸しをする場合は、シンプルに左図のように棚卸しした数量で在庫データを更新します。

 


 

数量の変更を行うと下図のように変更履歴が自動的に作成されます。(※スタンダードプラン以上の有料プランの場合のみ)

変更履歴の右端にある鉛筆マークをクリックします。

tx_web_take_inventory_02

 

tx_web_take_inventory_03

鉛筆マークをクリックすると、変更履歴のメモ欄の内容を編集できる画面に移動しますので、そこで棚卸を行ったことを表す文字を入力します。

 


 

メモ欄編集後に改めて変更履歴を見ると、「いつ」「誰が」棚卸しをしたかわかるようになっています。

tx_web_take_inventory_04