Webアプリ版スマート在庫管理では在庫データから仕入データを登録して発注書を作成することができます。また、仕入の予定日を入力し、遅れている仕入を管理することが可能です。

 
仕入データを作成する
作成した仕入データを確認する
仕入操作を行う
仕入データを変更する
仕入データ・仕入明細を取り消す
仕入予定日を入力し、遅れている仕入を管理する
在庫データに単価を登録して仕入データ登録に仕入単価に自動的に反映する
在庫データに仕入リードタイム日数を登録して仕入予定日を自動的に計算する
仕入データを検索で絞り込んでエクスポートする

 

 

 

 

仕入データを作成する

まず在庫一覧画面に行き、仕入対象の在庫データを選択します。選択は在庫一覧の左端にあるチェックボックスにチェックを入れることで行えます。

次に在庫データにチェックを入れた状態で一覧の上にある「選択した在庫の仕入を登録」リンクをクリックします。

 

そうすると仕入登録画面に移動しますので仕入数量を入力してください。

状態を「発注前」「発注済み」「仕入済み」から選択してください。「仕入済み」を選択した場合、対象の在庫データの数量がそれぞれ仕入数量の分だけ増加します。

仕入元の取引先名や仕入単価や備考は必要に応じて入力してください。

最後に「この内容で仕入を登録する」ボタンをクリックします。

 
仕入登録が完了すると発注書がPDFファイルとしてダウンロードできるようになります。


 

 

 

 

作成した仕入データを確認する

登録された仕入データの一覧はメニューの「仕入/納品」→「仕入一覧」をクリックすると表示されます。一覧の仕入をクリックすると、仕入詳細画面が表示されます。


 

 

 

 

仕入操作を行う

仕入明細(各在庫の仕入)の状態が「発注前」「発注済」の場合は、画面に[仕入済みにする]という文字が表示されますので、この文字をクリックすると状態が「仕入済」になり、仕入データに登録されている仕入数量が関連付けられた在庫データの数量に足されます。このとき、仕入日はクリックされた日に設定されます。仕入日は仕入編集画面から変更できます。


 

 

 

 

仕入データを変更する

仕入詳細画面で「この仕入を編集する」リンクか、「仕入明細を編集する」リンクをクリックしてください。どちらをクリックしても仕入変更画面に移ります。

 
内容を変更してください。
内容を変更したのち、「この内容で仕入を更新する」ボタンをクリックしてください。
なお、一度状態を仕入済みにした場合は数量を変更できません。キャンセルするには仕入もしくは仕入明細の取り消しを行ってください。状態を「仕入済み」にすると仕入分の数量が関連づけられた在庫データの数量に足されます。

 

 

 

 

仕入データ・仕入明細を取り消す

「この仕入を取り消す」リンクをクリックすると仕入明細全てを含んだその仕入データ全体が取り消されます。状態が「仕入済み」の仕入データを取り消すと仕入操作時に在庫データに足された数量分が在庫データの数量から差し引かれます。
仕入明細の横の削除アイコンをクリックすると、仕入明細を個別に取り消すことができます。この時も、状態が「仕入済み」の仕入明細を取り消すと在庫データに足された数量分が在庫データの数量から差し引かれます。全ての仕入明細が取り消された場合、仕入自体も取り消されます。

 

 

 

仕入予定日を入力し、遅れている仕入を管理する

仕入予定日を入力することで、仕入予定日を過ぎた仕入について警告を表示することが可能です。
この機能を使うことで、遅れている仕入を確認することが可能です。この機能はスタンダードプランのみ利用可能です。
 

仕入作成時に仕入予定日を入力して、作成してください。
毎回仕入予定日を計算するのが大変な場合、在庫データにリードタイムを登録して、仕入予定日を自動的に計算させることも可能です。詳細はこちらをご覧ください。


 
仕入詳細画面で仕入予定日が過ぎている仕入明細が赤く表示されます。

 

仕入一覧画面でも仕入予定日が過ぎている仕入明細が赤く表示されます。また、検索条件に「仕入予定日を過ぎたもの」にチェックを入れると、仕入予定日を過ぎたものだけを検索することが可能です。

how_

to_set_default_purchase_price

 

 

在庫データに単価を登録して仕入データ登録に仕入単価に自動的に反映する

項目追加機能で「仕入単価」という項目を追加し、そこに半角数字で在庫データに仕入単価を登録できます。

項目追加の画面に移動し、「新しい項目を追加」をクリックして「仕入単価」という項目を追加します。


 

仕入単価を追加項目として追加したら、在庫データを編集し、仕入単価に半角数値で仕入単価を記録します。


 

仕入単価が登録された在庫データを選択して、仕入登録を行うと、在庫データに登録された仕入単価が自動的に仕入単価として入力されます。


 

 

 

 

在庫データに仕入リードタイム日数を登録して仕入予定日を自動的に計算する

項目追加機能で「仕入リードタイム日数」(または「Purchase lead time(day)」)という項目を追加し、そこに半角数字で在庫データに仕入のリードタイムを日数で登録できます。

項目追加の画面に移動し、「新しい項目を追加」をクリックして「仕入リードタイム日数」(または「Purchase lead time(day)」)という項目を追加します。

 

仕入リードタイム日数を追加項目として追加したら、在庫データを編集し、仕入リードタイム日数に数値で仕入にかかるリードタイムの日数を記録します。


 
仕入リードタイム日数が登録された在庫データを選択して、仕入登録を行うと、当日から在庫データに登録された仕入リードタイム日数を足した日が、自動的に仕入予定日として入力されます。


s

 

 

earch_and_export

仕入データを検索で絞り込んでエクスポートする


仕入一覧画面で検索条件を指定して、仕入データを絞込み、その結果をCSVファイルとしてダウンロードできます。仕入金額等がまとめてダウンロードでき、エクセル等の表計算ソフトで読み込みことができるので取引先ごと金額等の集計時に便利です。
「在庫データの内容も含める」にチェックを入れてCSVをダウンロードすると、現在の在庫のデータと一緒に出力されます。
CSVダウンロード機能はスタンダードプラン以上の有料プランでお使いいただけます。