Webアプリ版スマート在庫管理では在庫データから仕入データを登録して発注書を作成することができます。作成方法は以下の通りです。

 

まず在庫一覧画面に行き、仕入対象の在庫データを選択します。選択は在庫一覧の左端にあるチェックボックスにチェックを入れることで行えます。

次に在庫データにチェックを入れた状態で一覧の上にある「選択した在庫の仕入を登録」リンクをクリックします。


 

仕入データ入力画面そうすると仕入登録画面に移動しますので、仕入元の取引先名や仕入数量を入力してください。

仕入単価や備考は必要に応じて入力してください。

最後に「この内容で仕入を登録する」ボタンをクリックします。


 

仕入登録が完了すると発注書がPDFファイルとしてダウンロードできるようになります。

また、「この仕入を取り消す」リンクをクリックするとその仕入データが削除されます。また、状態が仕入済みの仕入データを削除すると仕入操作時に在庫データに足された数量分が在庫データの数量に差し引かれます。


 

仕入操作

状態が「発注前」「発注済」の場合は、画面に[仕入済みにする]という文字が表示されますので、この文字をクリックすると状態が「仕入済」になり、仕入データに登録されている仕入数量が関連付けられた在庫データの数量に足されます。このとき、仕入日は文字がクリックされた時間が自動的に設定されます。

また、仕入日は「この仕入を編集する」をクリックして仕入編集画面からも入力・変更できます。

 


 

登録された仕入データの一覧はメニューの「仕入/納品」→「仕入一覧」をクリックすると表示されます。


how_to_set_default_purchase_price

 

在庫データに単価を登録して仕入データ登録に仕入単価に自動的に反映する

項目追加機能で「仕入単価」という項目を追加し、そこに半角数字で在庫データに仕入単価を登録できます。

項目追加の画面に移動し、「新しい項目を追加」をクリックして「仕入単価」という項目を追加します。


 

仕入単価を追加項目として追加したら、在庫データを編集し、仕入単価に半角数値で仕入単価を録します。


 

仕入単価が登録された在庫データを選択して、仕入登録を行うと、在庫データに登録された仕入単価が自動的に仕入単価として入力されます。


 

search_and_export

 

仕入データを検索で絞り込んでエクスポートする

仕入一覧画面で検索条件を指定して、仕入データを絞込み、その結果をCSVファイルとしてダウンロードできます。仕入金額等がまとめてダウンロードでき、エクセル等の表計算ソフトで読み込みことができるので取引先ごと金額等の集計時に便利です。

この機能はスタンダードプラン以上の有料プランでお使いいただけます。