Web

Webアプリ版ZAICOでは在庫データから納品書を作成することができます。作成方法は以下の通りです。

 

 

納品予定データを作成する

在庫一覧に登録の物品につきまして、納品予定データを作成できます。

 

 

「納品済み」を選んだ状態で納品登録をすると、納品数量分だけ在庫データから数量が差し引かれます

また、納品「済」データはiPhoneアプリAndroidアプリからも登録できます。詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

納品[予定]▶︎[済]への状態変更をする

【Web】

納品データ詳細画面の各在庫の納品の状態が「納品前」の場合は、画面に[納品済みにする]という文字が表示されますので、この文字をクリックすると状態が「納品済」になり、納品データに登録されている納品数量が関連付けられた在庫データの数量から引かれます。

このとき、納品日はクリックされた日に設定されます。納品日は納品編集画面から変更できます。

なお、一度状態を納品済みにした場合は数量を変更できません。キャンセルするには納品もしくは納品明細の取り消しを行ってください。

 

 

【iPhone】

詳細はこちら

 

 

納品書を作成する

 

納品書作成step2


納品登録が完了すると納品書がPDFファイルとしてダウンロードできるようになります。「納品書を作成する」リンクをクリック、「取引先名」や「日付」を確認(必要であれば変更)し、書式を選択の上、納品書PDFをダウンロード頂けます。

納品書の形式・フォーマットは変更できませんが、ZAICO APIをExcelから呼び出すことでお客様独自の納品書を作成することも可能です。詳細はこちらをご覧ください

 

 

納品をキャンセルする

また、「この納品を取り消す」リンクをクリックするとその納品データが削除されます。また、納品済みで登録された納品データが削除されると登録時に在庫データから差し引かれた数量分が在庫データの数量に足されます。

 

 

納品データ登録時に納品単価を自動反映する エントリープラン以上

項目追加機能で「納品単価」という項目を追加し、そこに半角数字で在庫データに納品単価を登録できます。

まず、項目追加の画面に移動し、「新しい項目を追加」をクリックして「納品単価」という項目を追加します。次に、在庫データを編集し、納品単価に半角数値で納品単価を登録します。

そうしますと、納品単価が登録された在庫データを選択して納品データを作成する際に、在庫データに登録された納品単価が自動的に納品データの納品単価として入力されます。

 

 

納品単価を取引先毎に設定する

事前に登録された取引先名を利用し「(取引先名)への納品単価」の名称で追加項目に追加しますと、納品データ作成時に当該取引先を選定すすると自動で当該取引先への納品単価が記入されます。

 


 

search_and_export

 

納品データを検索で絞り込んでエクスポートする スタンダードプラン以上

納品一覧画面で検索条件を指定して、納品データを絞込み、その結果をCSVファイルとしてダウンロードできます。納品金額等がまとめてダウンロードでき、エクセル等の表計算ソフトで読み込みことができるので取引先ごと金額等の集計時に便利です。

この機能はスタンダードプラン以上の有料プランでお使いいただけます。なお、無料プランやエントリープランご利用時に作成した納品データにつきましても、スタンダードプランに変更後、CSVダウンロード可能になります。

納品データ絞り込み検索

 


include_inventory_attributes

 

在庫データを含めてエクスポートする スタンダードプラン以上

CSVダウンロードの際、在庫データの内容を含めることが可能です。

納品データCSVダウンロードオプション

「CSVファイルダウンロード」ボタン右の「詳細設定」ボタンをクリックしますと、ドロップダウンが現れますので、「在庫データの内容も含める」のチェックを入れていただき、「CSVファイルダウンロード」ボタンをクリックします。

ダウンロードされたCSVは「摘要・備考」の右に在庫データが含まれた形となります。