iPhone

 

iPhone版ZAICO(クラウド在庫管理ソフトZAICO)アプリでは、スマホのカメラを使ってバーコードをスキャンする代わりに外付けバーコードリーダー(バーコードスキャナー)を使ってバーコードをスキャンすることが可能です。バーコードから検索する際や入出庫スキャンなどバーコードをスキャンする際に使用できます。

スマホの性能が低く、バーコードが読み取りづらい場合や(バーコードの貼付場所が床に使い場所にあるためなど)画面を見ながらスキャンしにくい場合などにご利用ください。
なお、日本語を含むQRコードは外付けバーコードリーダーで読み取ることができませんのでご了承ください。
 

使用方法

1. 外付けバーコードリーダー本体をHIDモードにする

外付バーコードリーダー本体のBluetoothの通信モードを「HID」に設定してください。

設定方法はバーコードリーダーの機種によって変わりますので、付属の説明書等をご覧ください。

 

 

2. 外付けバーコードリーダーの接続

Bluetoothを使って端末にバーコードリーダーを接続してください。ペアリングなどの手順はバーコードリーダーの説明書に従ってください。

 

3. スキャン設定の変更

ZAICO(クラウド在庫管理ソフトZAICO)のアプリを開き、スキャン検索画面を開き、設定ボタンをタップしてください。

 

「外付けバーコードリーダーを使う」をオンにしてください。

 

4. ソフトウェアキーボード(画面上のキーボード)の表示設定

数量入力などの際、通常であればソフトウェアキーボード(画面上のキーボード)が表示されますが、
Bluetoothでバーコードリーダーを接続しているとソフトウェアキーボードが表示されない場合があります。
これはiPhone側ではバーコードリーダーが外付けキーボードとして認識されているためです。

この問題は、バーコードリーダー側の機能を使って解消することが可能です。

例えば、CILICO社製のCT10Xという機種の場合、トリガーを3回引くとソフトウェアキーボード(画面上のキーボード)の表示/非表示を切り替えることができます。

 
ソフトウェアキーボード(画面上のキーボード)の表示切り替え方法については、お使いのバーコードリーダーの機種によって変わりますので、付属の説明書等をご覧ください。

 

5. スキャン

外付けバーコードリーダーでスキャンしてください。カメラでスキャンした場合と同様の動作をします。

 

※ソフトウェアキーボードの表示設定をしていないと、入力しようとした際にソフトウェアキーボードが表示されません。ソフトウェアキーボードが表示されない場合は「4. ソフトウェアキーボード(画面上のキーボード)の表示設定」を行なってください。

 

対応バーコードリーダー

Bluetooth対応で、HIDという方式でiPhone端末に接続可能な市販されているバーコードリーダーでしたら利用可能です。スキャンした文字列の最後にエンターキー(リターンキー)が入力される設定でご利用ください。TABキーが入力される設定ですとうまく動作しません。
動作確認済みのバーコードリーダーは下記です。

  • CILICO社製 1次元bluetoothバーコードリーダー CT10, CT10X

うまく動作しない場合

ZAICOアプリではなく、他のiPhoneのメモアプリなどを開いてスキャンして、スキャンしたバーコード等の値が入力されるかご確認ください。
もし入力されない場合はBluetooth接続がうまく行っていない、スキャナー本体が正しく設定されていないことが考えられます。
また、HIDとSPPというモード(Bluetoothのプロファイル)が選択できるスキャナーがありますが、HIDで接続しないとアプリでデータを受け取ることができません。スキャナー本体のマニュアルを確認し、HIDモードであることを確かめてください。
また、キーボードを英語キーボードに変更してスキャンするとうまくいく可能性もあります。