Android版スマート在庫管理アプリでは、スマホのカメラを使ってバーコードをスキャンする代わりに外付けバーコードリーダー(バーコードスキャナー)を使ってバーコードをスキャンすることが可能です。バーコードから検索する際や入出庫スキャンなどバーコードをスキャンする際に使用できます。

スマホの性能が低く、バーコードが読み取りづらい場合や(バーコードの貼付場所が床に使い場所にあるためなど)画面を見ながらスキャンしにくい場合などにご利用ください。


 

使用方法

1.外付けバーコードリーダーの接続

Bluetoothを使って端末にバーコードリーダーを接続してください。ペアリングなどの手順はバーコードリーダーの説明書に従ってください。

 

2.スキャン設定の変更

スマート在庫管理のアプリを開き、スキャン検索画面を開き、設定ボタンをタップしてください。

 

「外付けバーコードリーダーを使う」をオンにしてください。

 

3.ソフトウェアキーボード(画面上のキーボード)の表示設定

スキャン検索画面を開き「使い方を確認」ボタンをタップしてください。

 

「画面上のキーボードの変更を開く」をタップしてください。

 

「画面上のキーボードの表示」をオンにしてください。この時、バーコードリーダーが接続(ペアリング)されていないとこの項目は表示されません。バーコードリーダーが過去にペアリングされていても、この時にペアリングされていないとこの項目が表示されません。

 

また、Android OSのバージョンが異なると、「ハードウェア 物理キーボード」と表示されます。その場合はオフにしてください。

 
バージョン5以降のAndroidですと、下記のようにペアリング中は画面上部のbluetoothのアイコンが変化します。ペアリングしていることを確認して、このステップを進めてください。

ペアリングしていない:

ペアリングしている :
 
もしこの項目が表示されない、どのようにしたら設定できるのかわからない場合は、スマホメーカーにお問い合わせください。「bluetoothキーボードを接続して使っている時に、画面のキーボードも表示されるように設定したい」と尋ねるとメーカーの対応もスムーズかと思います。(bluetoothキーボードとバーコードリーダーは同じ仕組みでAndroidに接続されます)

 

4.スキャン

外付けバーコードリーダーでスキャンしてください。カメラでスキャンした場合と同様の動作をします。

 

ソフトウェアキーボードの表示設定をしていないと、入力しようとした際にソフトウェアキーボードが表示されません。ソフトウェアキーボードが表示されない場合は「2.ソフトウェアキーボードの表示設定」を行なってください。

 

対応バーコードリーダー

Bluetooth対応で、HIDという方式でAndroid端末に接続可能な市販されているバーコードリーダーでしたら利用可能です。スキャンした文字列の最後にエンターキー(リターンキー)が入力される設定でご利用ください。TABキーが入力される設定ですとうまく動作しません。
動作確認済みのバーコードリーダーは下記です。

  • FOCUSMART社販売 2次元bluetoothバーコードリーダー FMTYHD2D31(もしくは同モデルのShenzhen Yuhengda Technology Co., Ltd.社製のYHD-3100(2D))
  • CILICO社製 1次元bluetoothバーコードリーダー CT10X

 

iPhone版スマート在庫管理アプリでも外付けバーコードリーダーが利用できるよう、今後改善を進めてまいります。