スマート在庫管理から登録されている仕入データや納品データをクラウド会計ソフトfreeeに連携できます。そのためにはfreeeとのデータ連携を行うための以下の初期設定が必要です。

 

data_linkage_with_freee01

まず、Webアプリ版スマート在庫管理にログインして、上部のメニューから「ツール」→「データ連携」をクリックします。


 

data_linkage_with_freee02

画面に表示されているfreeeのアイコン、または下にある「データ連携を行う」をクリックします。


 

data_linkage_with_freee03

freeeにログインしていない状態の場合は、freeeのログイン画面が表示されますので、freeeのアカウントを入力してfreeeにログインしてください。

既にfreeeにログイン済みの場合はこの画面はスキップされます。


 

data_linkage_with_freee04

freeeの画面にスマート在庫管理との連携を許可するかを尋ねる画面が表示されますので、「許可する」をクッリクします。


 

以上でスマート在庫管理とfreeeとの間でデータ連携を行うための設定は完了です。この操作は一度だけ行えば大丈夫です。