スマート在庫管理に登録されている仕入データをクラウド会計ソフトfreeeにデータ連携して仕入高(相手勘定:買掛金)として簡単に作成できます。

 

操作方法

1. freeeとのデータ連携を設定する
まず、スマート在庫管理とfreeeの間でデータを連携を行えるようにするための初期設定を行う必要があります。

初期設定の方法はこちらのページをご覧ください。

 

 

2. 仕入データを登録する

スマート在庫管理に仕入データを登録する方法はこちらのページをご覧ください。

データ連携前に仕入データの状態を「仕入済」にして「仕入日」を設定するようにしてください。仕入日が設定されていない仕入データはデータ連携できませんのでご注意ください。仕入日は「この仕入を編集する」ボタンを押して仕入編集画面からも設定できます。

また、税込経理方式のみに対応しておりますので、仕入単価には税込みの単価を設定してください。

 

また、予め仕入単価を在庫データに設定しておくと仕入データ登録時に自動的にその仕入単価が設定されるので、物品の仕入単価がそれほど変動しないならば仕入単価を在庫データに設定しておくとより効率化されます。(詳細はこちら

 

3. 仕入データをfreeeにデータ連携する
Webアプリ版スマート在庫管理の上部メニューの「仕入/納品」→「仕入一覧」をクリックし、仕入一覧画面に移動します。

仕入一覧画面で連携したい仕入データの表の左端にあるチェックボックスにチェックを入れた上で、仕入一覧表の上部にある「選択した仕入データを会計ソフトに連携する」をクリックします。

データ連携の確認ダイアログが表示されますので、「OK」ボタンをクリックしてください。


 

無事データ連携が完了したら、画面最上部に「仕入データを会計ソフトに連携しました」と表示されます。

 

4. freeeで作成された取引を確認する

データ連携が完了するとfreee取引一覧に連携された仕入データが以下のように未決済仕入高(買掛金)の取引として表示されます。

 

 

 

データ連携の仕様

仕入データを1つだけ選択してデータ連携した場合

スマート在庫管理の仕入データはfreeeの勘定科目「仕入高」の未決済取引としてデータ連携されます。詳細な対応関係は以下のようになります。

freeeの取引 スマート在庫管理の仕入データ
発生日 仕入日
決済期日 日付 + 1ヶ月
取引先 取引先
金額 各物品の仕入数量と仕入単価の掛け算の和
備考 各物品と仕入数量

※現在、税込経理方式のみに対応しておりますので、仕入単価には税込みの単価を設定してください。

以下がその例です。

 

上図の仕入データをだけ選択してfreeeにデータ連携した場合、freee側に作成される取引は下図のようになります。


 

仕入データを複数選択してデータ連携をした場合

左図のように、同じ取引先の仕入データを複数選択してデータ連携をした場合は、仕入データは取引先ごとにまとめらます。(左図は岡田商店の2つの仕入データがまとめられる)

詳細なデータ連携仕様は下表の通りです。


 

freeeの取引 スマート在庫管理の仕入データ
発生日 同じ取引先の仕入データの中で一番遅い仕入日
決済期日 上記の日付 + 1ヶ月
取引先 取引先
金額 各物品の仕入数量と仕入単価の掛け算の和(仕入データがスマート在庫管理上で分かれていても同じ取引先ならば同じ取引にまとめられる)
備考 各物品と仕入数量

 

連携がうまくいかない場合はこちらをご確認ください。