前回の記事では、整理・整頓をご紹介しました。

続いて、清掃、清潔、躾についてお伝えします。

清掃

清掃は、言う必要もないですね。

掃除をして綺麗にすることです。では、なぜ清掃が必要なのでしょうか?

清掃をする目的は3つあります。

1つめは、保守点検です。

しっかりと清掃をしていれば、例えばホースの亀裂などを

事前に見つけることができます。問題が起こってから対策するよりも、

事前に対策できれば安心です。

 

2つ目は、安全です。

ある会社で実際に起こったのが、床に落ちていたホースにつまづいて、

怪我をしてしまったという笑えない話があります。

安全は職場で一番大切な事です。

 

3つ目は信頼です。

ピカピカの倉庫と、ほこりまみれの倉庫を見て、

どちらからモノを買いたいと思いますか?

恐らくピカピカの倉庫でしょう。

綺麗な状態を見た人はこう思います。

これだけ、倉庫がキレイだったら、

製品もきっとキチンと作っているんだろうな。

対応も丁寧なんだろうな。

従業員がしっかりと教育されているな。

倉庫が営業マンに早変わりします!

倉庫を自信を持って、社外の人にいつでも見せられる状態を作りましょう。

 

清潔

清掃と清潔を間違う人が多いです。

清潔とは、3S(整理・整頓・清掃)を維持することです。

思い立ったように整理をしたり、清掃をする会社が多いですが、これでは

その場限りの活動で終わってしまいます。

定期的にコツコツとやること、これが清潔です。

躾(しつけ)とは、3S(整理・整頓・清掃)が会社に根付いており、

従業員自ら、率先して行動できている状況です。

清潔まではまだ「やらされ感」止まりです。

躾の状態まで行けば、「もっとこうやれば良くなるのでは?」と従業員

自らが考え、そしてより良くなる工夫をすることができます。

 

まずは3S、そして清潔を加え、4S。

地道に続けて、5Sの状態まで。

時間はかかりますが、5Sは会社にとって大きな底力になります。

 

在庫管理に関してもっと知りたい方は、在庫管理110番をご覧ください。